「パナソニック、NFC対応のEVF内蔵ミラーレス「LUMIX DMC-G6」」について



パナソニックのミラーレス一眼「LUMIX DMC-G6」が国内でも正式発表となった。

デジカメWatchの記事:パナソニック、NFC対応のEVF内蔵ミラーレス「LUMIX DMC-G6」

パナソニック、高倍率ズーム「LUMIX G VARIO 14-140mm」をリニューアル

パナソニックのリリース:http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/05/jn130514-1/jn130514-1.html

デザインは G5 の丸っこい女性的なものではなく、GH3 に似たシャープで男性的なデザインとなった。肩(?)のラインがライカR7/R8 っぽい。
カラーはブラック、シルバー、ホワイトの3種類があるが、ワタシ的にはシルバー(というかガンメタリック?)が、画像を見た限りでは好みかな? GH2 のいかにも塗りましたというシルバーではなく、GX1 的な塗装であることを期待する。

本機種の新機能としては、
● 19種類のフィルター効果から“好み”の作風で撮影が楽しめる「クリエイティブコントロール」
● パノラマ写真を撮影時に、写真の雰囲気をアートな作品に変えられる「クリエイティブパノラマ」
● 難しい設定はカメラに任せて撮影できる「おまかせ iA」
● 流れていく雲や花が開花する様子などを、コマ送りのように撮影できる「インターバル撮影」
● 楽しいアイディアが表現できる、ストップモーション動画「コマ撮りアニメ」
● 撮影後に不要な部分を消して、大切な写真をキレイに残す「クリアレタッチ」
などがある。

新開発の「ヴィーナスエンジン」により、解像感が大幅に向上し、、「新2次元ノイズリダクション」「新マルチプロセスNR」の2つのノイズリダクション機能を搭載、ISO感度の上限も25600になった。

スマホやタブレットに専用アプリ「Panasonic Image App」をインストールすることで、本機で撮影した写真や動画の閲覧や保存がスマホやタブレットででき、スマホやタブレットから操作して、SNSにアップロードしたり、シャッターを切るなどのリモート撮影も可能。

こんな感じで、GH2 を上回る機能を持つ仕様となっている。

ボディ本体はオープン価格だが8万円前後とのこと。レンズキットのほうがはるかにオトクで、「LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.」(H-FS14140)の単体価格は9万9,750円だが、H キットでは12万円前後とのこと。
この「LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.」(H-FS14140)は前にも書いたが、旧モデル「LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4-5.8 ASPH. MEGA O.I.S.」(2009年発売)に対して重量を約460gから約265gに軽量化、フィルター径も62mmから58mmに縮小、さらに手ブレ補正も補正効果は従来の2倍以上になるとのこと。


スペックなどを見ると非常に魅力的で、すぐにでも買い替えたいところではあるが、気になるのが高感度での画質。ISO6400 でそこそこ納得できる画質が得られるのであれば、キヤノン EOS-1D Mark IV を売っぱらってこのカメラにスイッチしたいところだが、高感度画質がイマイチなら、1D4 はキープしつつGH1、GH2 からのリプレースを考えようかと思う。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : パナソニック LUMIX G6


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ