『MAMOR(マモル)』2013年07月号「これが本当の航空自衛隊広報室だ!」

MAMOR (マモル) 2013年 07月号 [雑誌]MAMOR (マモル) 2013年 07月号 [雑誌]
(2013/05/21)
不明

商品詳細を見る



『MAMOR(マモル)』2013年07月号「これが本当の航空自衛隊広報室だ!」

たまたま本屋で見つけて購入。ワタシはヒコーキとか戦闘機など全く興味ないのだが、日曜21時からのTBS『空飛ぶ広報室』を毎週観ているので、買ってみた。

発行元は扶桑社。産経グループですな。なるほど。「防衛省編集協力」とあるので、内容にウソはないのだろう。


表紙&巻頭グラビア(?)松居絵里奈サン。
迷彩服を着てパラシュートで降下したり、制服姿だったり。ちょっと萌えますな(笑)。


TVドラマ連動企画「これが本当の航空自衛隊広報室だ!」
本当の空幕広報室を紹介。広報の仕事を外観的に紹介。また、TVドラマ『空飛ぶ広報室』の撮影風景も。
自衛隊広報には、その性質上、正確かつ迅速な発表が求められるものの、機密事項もあるわけで、そのあたりの兼ね合いが難しいようで。
航空祭ではたくさんの観客があるのは知っていたが、「ミス航空祭」が振り袖姿で自衛隊車に乗ってバレードしたりもしてるんですな。ちょっと笑えマシタ。

また、過去にTVで取り上げられた協力実績も紹介。
フジテレビ『さんタク』(2010年)ではキムタクがブルーインパルスに搭乗したほか、映画『図書館戦争』『ミッドナイトイーグル』『日本沈没』などでも協力。

面白いのは、軍事評論家が各国の軍広報と日本の自衛隊広報を比較していたり、広報専門家が自衛隊広報を評価もしている。
防衛省は Facebook や Twitter も利用していて、「やれることを全部やろうとしている姿勢はとても素晴らしいのですが、逆に明確なイメージの方向性がわかりにくいと感じます」と評価。
まさかブルーインパルスに搭乗していて「ただいま函館上空なう。」とかつぶやいていないと思うけど(爆)。つぶやいている間に札幌上空だろうけど(爆x2)。


また、後ろのほうの「MAMO-PRESS」では「TVドラマ『空飛ぶ広報室』に出演している新垣結衣さんと柴田恭兵さんが防衛大臣を表敬!」とか、「『空飛ぶ広報室』ドラマ化記念! 人気作家と防衛大臣がスペシャルトーク!」などの記事もあり、『空飛ぶ広報室』関連情報は完璧。


「マモルの婚活」
3名の独身自衛官を紹介。毎号違った独身3名が出てるんでしょうね。
正直なところ、こういう内容こそ自衛隊がSNSで募集でもすればいいのに(笑)。


本誌は戦闘機ファンとかにはバイブル的存在なのでしょうなぁ。ワタシは今号だけで十分ですが(笑)。



スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : MAMOR 空飛ぶ広報室


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ