2013.06.02 バドミントン 日本ランキングサーキット2日目 撮影後記

バドミントン 日本ランキングサーキット2日目。今日は2回戦と1回戦で負けた者同士が対戦する15位決定戦。なので、前日出場した選手全員が対戦相手を変えてゲームをするともいえるワケで、試合数も前日と同じ80試合(棄権などがあるので、若干減っているが)。

1日目はアリーナから撮影したが、バリエーションを出すために、2日目は2階席から撮影。やっぱり前日同様、全選手を撮影するというお題。

というワケで、キヤノン EOS-1D X にシグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM にマンフロット685B一脚。
アリーナは2x5コートになっていたので、手前コートの奥側および奥コートの奥側をズームを使って撮影しようという寸法。
ただ、奥コートは300mmでは完全に不足するので、シグマのテレコン1.4X を装着。
ISO12800、1/1000秒、f4 という設定で最初の混合ダブルスを撮影。

正直なところ、一脚の煩わしさに辟易して、混合ダブルスが終わった時点で一脚を控室に置きに行き、その後は手持ち撮影。2階席には手すりがあるので、そこに肘をつき、人間一脚デス(笑)。実際、このほうがレンズの角度を自由に変えらるし、カメラの縦横も一脚の時よりはるかにやりやすい。

また、動きが楽になったので、元々は2階席の片側だけで手前コート奥と奥コート奥を撮影するつもりだったが、反対側に回ってやはり手前コート奥を撮影するルーティーンに。
こうすると120-300mmにテレコンを使うことなく撮影することができるので、ISO6400に抑えることができる。
ただ、2階席のそれぞれの側に行ったり来たりしなければならず、かなりの運動量となってしまった(ダイエットにはいいのだろうけれど。笑)。

そんなことで、2日の撮影枚数は 5,778枚。1日よりは少ないが、合わせて12,000枚。
ちなみに最初500枚ぐらいをうっかり RAW+JPEG L で撮影していたため、バッファーが一杯になって撮影できないことが度々あり、おかしいなと思っていたら、あっという間に「カードが一杯です」というメッセージが液晶モニターに出てしまい、16GBのカード2枚を一杯にしてようやく事態がわかり、JPEG L に変更した。

撮影後、全部の撮影データをHDDにコピーした後、浦和ー東京ー名古屋経由で三重の自宅に帰った。
帰宅して記事用画像を10点あまりセレクトして、画像調整して依頼主にメールし、とりあえずの仕事は終了。

といっても、選手1人につき1枚の写真をセレクトはこれから。気の遠くなるような作業が待ってマス(笑)。




日立情報通信エンジニアリングの早崎修平選手。
プッシュの瞬間を写真に撮ると大抵AFが追いつかず
ピンボケになるのだが、これはしっかりガチピン。



関連サイト(SMASH & NET.TV):2013年06月02日【日本ランキングサーキット】2回戦結果


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : バドミントン


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ