「ソニー、ローパスフィルターレスになった「サイバーショットDSC-RX1R」」について



ソニーがローパスフィルターレスになった「サイバーショットDSC-RX1R」を発表、7月5日に発売するという。なお、昨年11月16日に発売されたローパスフィルターを内蔵する「サイバーショットDSC-RX1」は今後も併売とのこと。価格はいずれもオープン価格ながら、店頭予想価格は25万円前後とのこと。

デジカメWatchの記事:
「ソニー、ローパスフィルターレスになった「サイバーショットDSC-RX1R」
ソニー「DSC-RX100M2」「DSC-RX1R」の発表会レポート


簡単に言えば、モアレ・偽色対策として多くのカメラに搭載しているローパスフィルターを外したモデル。当然、解像感は良くなる一方、被写体によってはモアレ・偽色が発生する頻度は高くなるだろう。

ローパスフィルターはパーツの中でも高価だという話だが、それを撮ったのだから従来機種より安くなるはずでは? と思ったのだけれど、ローパスフィルターを外してしまうとピントがずれるので、それを補うために、ローパスフィルターではないフィルターを搭載しているとのこと。たぶんこのフィルターとローパスフィルターでは価格差があるとは思うのだが、ソニーでは RX1 とRX1R に上下関係を作りたくないとのことで、価格差を作らなかったようだ。ナルホド。

とはいえ、RX1 を購入したユーザーにしてみれば、1年も経たないでRX1Rという似た機種が発売されるというのには不満を持つ方も多いのではないかと想像する。フルサイズセンサーの解像感を最大限楽しめるなら、RX1R を買いたかったという感情をもつユーザーも多いはずだ。

ニコンの場合、D800 と D800E というローパスのあるなしで区分される2機種を同時発表したので、ユーザーはどちらを購入するかを選択することができた。

そういう意味ではソニーはズルい、と言いたいところだが、35mmフルサイズコンパクトデジカメというどこにもないスペックでしかも実売25万円という価格は大冒険であり、1機種発売するだけでも「賭け」だったのではなかろうか? 

ただ、発表会レポートによれば、「DSC-RX1ユーザーに対してローパスフィルターレスにする改造や下取りと言ったサポートはあるのか? との質問には、「現時点で答えられないが、真摯にユーザーの声に耳を傾けていきたい」と回答した。」としており、実現するとしたら、RX1ユーザーにとっては朗報だろう(それなりに費用はかかるだろうけれど)。


ワタシはどちらの機種も買う予定はないけれど(笑)。というか先立つものがそもそもない(爆)。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : ソニー RX1


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ