2013.06.30 Panasonic LUMIX DMC-G6 を触ってきました!



6月30日、ソニーストア名古屋『サイバーショット RX1R/RX100M2 馬場信幸氏によるスペシャルトークショー』を見て、アゴの外れたナナちゃんを見たあと、ビックカメラに立ち寄り、Panasonic LUMIX DMC-G6 を触ってきた。
G6はワタシが持っているGH2よりも格下的な位置づけのカメラだが、発売年の古い GH2 と比べて(たぶん)あらゆる面で進化している。GH2の後継機であるGH3はワタシにとってオーバースペックになってしまっていて、むしろG6の方に食指が動く。

何といっても画期的だと感じたのが「タッチパッドAF」。液晶モニターを触ることでフォーカスポイントを自由に選べるというもので、実際にやってみると、直感的に素早くAFポイントを指定することができて感激! 今まで触ったどのカメラよりも優れていると感じた。ただ、G6は画面の全エリアでAFが可能なのだが、液晶モニターの左端の方には指がちょっと届きづらい感じだ。

操作系はパナソニックが従来から採用しているものなので、ボタン配置が若干違うところがあるものの、大丈夫だろう。

一番気になったのがシルバーモデルの色使い。GH2はペイントっぽいところが嫌だったが、後で発売されたGX1はシルバーモデルがメタルっぽい感じで好ましく感じた。G6のシルバーがGX1と同様だったらウレシイと期待していたのだが、実際はGH2と同様のシルバーでガッカリ(笑)。フラットなGX1と違って複雑なデザインのGH2、G6はあのようなペイント処理にならざるを得ないのかも。ワタシは買うとしたらブラックかな。

連写は秒7コマだし、高感度はISO12800(拡張25600)まで対応だし(画質がどうかという懸念は残るが)、スマホともつながるので、大いに食指が動いてしまった(笑)。



なお、ペンタックスリコーGRも触ってみたのだけれど、こちらはなんとなくフィーリングが合わなかったような・・・(笑)。
シャッターボタンが円形ではなく小判型というのにまず違和感を感じたし、操作系もワタシ的にはちょっと馴染めなかった。まぁ、使い込めば色々とカスタマイズできるようなので、もし実際に使い始めれば解消するのだろうけれど。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : パナソニック LUMIX G6


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ