2013.07.05 全日本実業団バドミントン選手権大会 撮影前記




1年ぶりの北海道。近鉄・名鉄を乗り継いでセントレア(中部国際空港)へ。
今回の荷物はアンダーアーマーのデイパックに機材を入れ、それと室内シューズや
衣類をキャリーカートに。思ったより入らない(笑)。

過去のエントリー:仕事用にブルーのキャリーカート

このキャリーカートを使用するのは久しぶり。そこそこ大きいものの、素材がABS樹脂とポリカーボネート製で軽くて気に入っていたのだが、あるときタイヤの1個がどういうわけか回転しなくなったまま引きずっていたら、そのタイヤだけかまぼこ状に削れてしまい、使わなくなった。
とはいえ、転がす側を逆にすれば問題ないわけで。

ワタシの持っているキャリーカートでは、ペリカン1610というモデルもあるのだが、これは本体だけで10kgもあり、下手に荷物を詰め込むと飛行機の荷物としてはオーバー(エコノミークラスで23kg)してしまうし、そもそも持ち運ぶのが苦痛(笑)。そんなワケで、今回はブルーのキャリーカートを使ってみた。

過去のエントリー:象が踏んでも壊れない? ペリカンのカメラトランク

ブルーのキャリーカートに入れて中身が壊れることはないと思ったものの、万一を考えて、最低限のカメラ機材(1DX、24-70mm、70-200mm)は手荷物として機内持ち込みにした。

1DXの予備バッテリーは最初スーツケースの方に入れていたのだが、預ける荷物には入れられないとのことで、慌ててスーツケースから取り出してハンドキャリーに。
さらに荷物検査ではバッグからパソコンを取り出さねばならず、飛行機搭乗の面倒なところだ。

なお、座席は後方の窓際席。ネットで予約した時、座席まで指定できた。
どんな王様でも20世紀までは空から地上を見ることはできなかったろうけれど、今は平民でも見ることができる。テイクオフからしばらくとタッチダウン直前の比較的低い位置で下を見るのが好きだけれど、このときは電子機器の使用が禁止されているのが残念。

新千歳空港に着いた後はJRで札幌駅へ。さらに徒歩で東豊線に乗り換え、豊平公園で降り、会場の北海きたえーる(北海道立総合体育センター)へ。この会場に来るのは初めてだが、駅から直接入れるルートがあり、迷うことなく到着。

本大会は7月3日から始まっており、当初はきたえーるメインアリーナ20コートのほか、サブアリーナ8コート、中央体育館2コートを使用してスタートしたものの、明日の準々決勝ではメインアリーナ8コート(男女各4戦)がマックスなのでいくぶん楽かなと。

ちなみに今回の主立った撮影機材(カメラとレンズ)は・・・
● キヤノン EOS-1D X
● キヤノン EOS-1D Mark IV
● パナソニック LUMIX DMC-TZ7
● タムロン SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD
● キヤノン EF 70-200mm F2.8L IS USM
● シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM
● シグマ APO テレコンバーター 1.4X EX DG
● シグマ APO テレコンバーター 2X EX DG
● キヤノン スピードライト 580 EX II
● キヤノン コンパクトバッテリーパック CP-E3


といったところデス。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ