「パナソニック、20-1200mm相当の60倍ズーム機「LUMIX DMC-FZ70」を海外発表」について




パナソニックが20-1200mm相当の60倍ズーム機「LUMIX DMC-FZ70」を海外で発表したそーで。

デジカメWatchの記事:パナソニック、20-1200mm相当の60倍ズーム機「LUMIX DMC-FZ70」を海外発表


高倍率ズーム一体型のデジカメで、カテゴリー的にはコンパクトデジカメと一眼レフタイプの中間となる “ブリッジカメラ”(最近、この言葉はあまり聞かないけれど。笑)。

一番の特長は35mm判換算20-1200mm相当の60倍超高倍率ズームを備えたこと!
旧モデル FZ60(国内未発売)は25-600mm相当の24倍ズームだったので、広角側にも望遠側にも焦点距離を伸ばしたことになる。

もしこれを35mm判デジタル一眼レフカメラで揃えようとすると・・・1200mmレンズがそもそも売られていないし(笑)。仮に600mm程度を用意するだけでもかなり大きく重くなる。もちろん、20mm からの広角ズーム、標準ズーム、望遠ズームも加えるととてつもなく重くなるし、そもそも高価で手が届かないという人も。
そう考えると、本製品の外形寸法は約130.2×97×118.2mm。撮影時の重量は約606gとスペックを考えれば小型軽量。しかも20mmから1200mmまでレンズ交換なしでズームできる。これは便利!


購入対象者を考えると・・・
本格的に大きな一眼レフを使うつもりはないけれど、子供の運動会やスポーツを含めて撮影したい人。スポーツ観戦が趣味の人。
あるいは海外旅行など旅行の記録用に。
広角端20mm相当のズームレンズというのはユニークで、このあたりに喰いつくマニアも多そうだ。

ただ、デジタル一眼レフを使用している身としては、「1,610万画素の高感度MOSセンサー。通常感度域はISO100~ISO3200(高感度モードはISO1600~ISO6400)。9コマ/秒のフル画素連写(3枚まで)、約0.9秒の起動時間も特徴とする。AF追従は5コマ/秒。RAW記録が可能」とかのスペックを丸ごと鵜呑みにはできない。
鵜呑みにできないというよりは、デジタル一眼レフと同じレベルの操作性、画質などを期待できないという意味。そこを割り切れるなら「買い」かもしれない(最も国内発売されるかどうか分からないが。笑)。

ワタシ的には20mmスタートのズームが可能なら、TZシリーズの次期モデルで20-480mmあたりを採用してほしいところだ(ワタシ個人としては 20-300mm とか 20-200mm 程度でも構わないのだが、商品をアピールするためには “20倍ズーム” を下げることはできないだろう)。
あくまで旅行などに便利なコンパクトデジタルカメラのカテゴリーで。そうすれば、常時バッグに放り込んでおけるだろう。



スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : パナソニック FX70


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ