『アサヒカメラ』2013年08月号

アサヒカメラ 2013年 08月号 [雑誌]アサヒカメラ 2013年 08月号 [雑誌]
(2013/07/20)
不明

商品詳細を見る


『アサヒカメラ』2013年08月号


一番興味深かったのが「登場80周年記念 ニッコールレンズのすべて」。ワタシはニコンユーザーというワケではないのだけれど(笑)。
● 再考! ニッコールレンズの魅力
● フラッグシップ機と使いたい NIKKOR レンズ
● 特別対談!ニッコール開発者に聞く ニッコールの開発のこだわり
● コンパクトカメラに搭載されたニッコール
● 大判用ニッコールレンズ
● 引き伸ばし用ニッコールレンズ
● 他社のカメラに提供していたニッコールレンズ
● レンズ優位な互換性 変わらぬFマウント
● 全ニコン Fマウント ニッコールレンズ 計436本
● ニッコールレンズの源流を訪ねる

最後の「ニッコールレンズの源流を訪ねる」では、冒頭でニコン(旧・日本光学工業)誕生のいきさつから、日本の光学ガラスメーカーの現状を端的にまとめていて、なかなか勉強になる。
ニコンが日本で数少ない光学ガラスメーカーであることは知っていたが、ニコンの場合は子会社・光ガラスで製造しているとのこと。そして、その製造工程と技術者のインタビューが2ページ半で解説されており、これまた勉強になる。
ただ、製造工程は栃木ニコンに移送されて研磨・組み立てられる前のところで終わっており、後半は9月号へおあずけ(笑)。

ま、このような内容で、ニコンファン必読の記事でゴザイマス。

なお、「他社のカメラに提供していたニッコールレンズ」では、プラウベルマキナ670が紹介されているが、名称のみ紹介されているプラウベルマキナ67Wは正確にはW67デス。赤城耕一さん、しっかりして!(笑)。

関連エントリー:
集合記念撮影用に買った中判カメラ マキナW67


「カメラ開発トップに聞く! カシオ計算機 野仲一世さん」
結構毎回期待している「連載 河田一規が行く」シリーズ。今回の野仲一世氏はカシオのQV事業部 開発部 部長。ワタシは過去3機種ものカシオカメラを購入しているので、興味深く読んだ。
カシオの社風は他社のマネをせず、独自路線を貫いているところが面白い。また、インタビュー中でAPS-Cコンパクトの開発に関しても匂わせており、興味深い。

関連エントリー:
これ無くしてデジカメの歴史は語れない カシオQV-10
360度パノラマ合成が楽しかった! カシオQV-700SX
600万画素で秒60コマ! CASIO EX-F1


「祝 世界遺産登録! 夏富士を撮る」
時事ネタというところですかね(笑)。富士山の作例と撮影ポイントなど、これから富士山を撮ろうという人のためのアドバイス。ワタシ的にはスルーだけれど(笑)。



『アサヒカメラ』8月号はこんなところで。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : アサヒカメラ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ