『100円のコーラを1000円で売る方法』3巻(永井孝尚/中経出版)



『100円のコーラを1000円で売る方法』3巻(永井孝尚/中経出版/1,400円+税)

『100円のコーラを1000円で売る方法』シリーズの完結編となる。

関連エントリー:『100円のコーラを1000円で売る方法』1・2巻(永井孝尚/中経出版)

ストーリーは会計ソフト会社/駒沢商会で活躍する宮前久美の前に元上司の与田誠が外資系会計ソフト会社/ガンジーネットの社長となって新規参入してくる。ガンジーネットはクラウド型会計サービスを無料で提供するという全く新しいシステムで会計ソフト業界にイノベーションを起こしてしまう。シェアをどんどん奪われる業界大手の会計ソフト会社/バリューマックス社は駒沢商会を買収して対抗しようとする・・・というもの。

ストーリーはフィクションで、無料のクラウド型会計サービスというのも現実には存在しない。だが、あたかも実在するかの内容で興味深く一気に読んでしまった。

ただ、本書に盛り込まれているビジネス理論はかなりシビアなものも多く、従来のビジネスのやり方を自ら改めていかないと将来はないかもしれないと警鐘を鳴らしている。


目次は次の通り。

Prologue ガンジーネット・ジャパン社長・与田誠

Target 1 破壊的なライバルは外からやって来る
       グローバル市場の怖さ

Target 2 iPhoneやKindleはなぜ正解中で使えるのか?
       個別カスタマイズから標準品へ

Target 3 企業メッセージの99.996%はスルーされる
       共感の時代のマーケティング戦略

Target 4 無料でも儲かる仕組みとは?
       フリーミアムのビジネスモデル

Target 5 トランジスタラジオが真空管ラジオを駆逐した理由
       イノベーションのジレンマ

Target 6 買収するほうが立場が強いとはかぎらない?
       交渉の正否を握るBATNA

Target 7 なぜグーグルはYouTubeを買収したのか?
       M&Aを成功させる方法

Target 8 アップルが iPadでパソコンを否定した理由
       イノベーションの作法

Target 9 有料で1万人に売るか、無料で100万人に使ってもらうか?
       数が生み出す新たな価値

Target 10 動きながら考える
       イノベーターの素養

Epilogue それぞれの新天地へ


目次に出ていない事例として、熊本県のゆるキャラ/くまモンや、米クライスラー社と独ダイムラーベンツ社の合併、上海リニアモーターカーなどを取り上げている。


このような内容で、1・2巻と併せてビジネスマン(というか仕事をしている方すべて)に超オススメ致しマス。



100円のコーラを1000円で売る方法 3100円のコーラを1000円で売る方法 3
(2013/06/08)
永井 孝尚

商品詳細を見る

100円のコーラを1000円で売る方法100円のコーラを1000円で売る方法
(2011/11/29)
永井 孝尚

商品詳細を見る

100円のコーラを1000円で売る方法2100円のコーラを1000円で売る方法2
(2012/09/06)
永井 孝尚

商品詳細を見る





スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ