『EOS 70D JAPAN PREMIER Nagoya』に行ってきました!



キヤノン EOS 70D 発売前に大々的な一般向け発表会が開催されたので行ってきた。

特設ページ:キヤノン:EOS 70D JAPAN PREMIER 「イチガン新世界。」体験イベント開催!

この手のイベントは東京ー大阪ー名古屋などとイベントディスプレイやデモ機一式を持ち回って開催することが多いものだが、今回のイベントは東京・名古屋・大阪の3大都市で同時開催(3会場分のセットを作るとはなかなか豪気と思ったが、今回のセットなら保管費などを考えると3つ用意するほうが安上がりなのかも)。

さて、名古屋会場。場所は名古屋駅に隣接されている名古屋マリオネットアソシアホテル。交通至便でなかなかグー。
イベントは一般向けには13時開場だが、キヤノンクラブ会員や招待客には12時に開場していたようだ。こんなところで会員のプライドをくすぐっているのだろう(笑)。1時間ずらすだけで手間もかからないのでいい手法。ちなみにワタシは会員でも招待客でもないので13時の開場とともに入場。



名古屋会場では次のような設営がなされていた。
● EOS 70D GALLERY
● EF LENS 展示
● EOS 70D ハンズオンコーナー
● PREMIUM COMPACT コーナー
● EOS 70D セミナー
● デュアルピクセル CMOS AF 体験コーナー
● EOS 70D 撮影体験ステージ
● EF 200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4x 体験
● 7070人のSTEP UP EOS 70D キャンペーン
● EOS 70D 関連書籍
● EOS 70D 関連書籍抽選
● プリンターコーナー
● 初心者向けイチガンワークショップ教室


 


ワタシはとにかくセミナーをぜんぶ聴講しようと。ハンズオンコーナーはセミナーを聴いたあとに触ったほうが理解しやすいだろうし、セミナーが全部終わる頃には混み具合も減るだろうと。
席は30席。ご高齢のキヤノンクラブ会員の方(と思われる)がすでに座っており、全部のセミナーをずっと立ち見することとなった。


最初のセミナーは山﨑友也氏。
鉄道カメラマンとして EOS 70D の良さを語った。
その良さのポイントは高画質と高速性能。
2020万画素だから広めに撮っておいて後でトリミングしても十分使えるとか、追尾AFで新幹線も撮れるとか。バリアングル液晶モニターがあるので難しい足場でも撮れるとか。
氏のプレゼンはなかなか面白く、ロケで2回もクルマのバッテリーが上がってJAFのせわになったとか、RECボタンを押し忘れて動画が撮れていなかったとかの自分の失敗談を交えて会場を笑わせていた。

ただ、氏はライブビューでの動画と静止画の追尾AF状態を外部カメラでモニター撮影して紹介していたが、静止画でもあたかも秒7コマを画面を見ながら連写できるようなイメージで紹介していた。しかし、実際のところ、70D のライブビューでは連写できるもののモニターはブラックアウトしてしまう。かなりインチキ臭いプレゼンだった。



続いて工藤智道氏。
風景写真を中心にプレゼン。
HDRとか多重露出合成、水準器など、細かい機能も紹介。



石橋睦美氏。
ブナ林の写真など・・・失礼ながら3分で途中退出。

セミナー、トークショーではポートレート、スポーツ、スナップあたりのバリエーションが欲しかった。



開発者セミナー
70D の一通りの特徴を説明した後、デュアルピクセルCMOSセンサーについてかなり時間を取って解説。動画においてコントラストAFの60DやハイブリッドAFの Kiss 7Xi との比較を見せていた。60Dは全然ダメダメのピント追従、Kiss 7xi は70Dにやや劣るもののまぁまぁという印象。



一通り開発者セミナーを聴講し終わったところで、EOS 70D ハンズオンコーナーで実物をいじってみる。
ボディやバリアングル液晶モニターの感触はなかなか高級感あり。
ただ、ワタシが一番注目しているバリアングル液晶モニターでの撮影では、連写できても画面がブラックアウトしてしまうので、スポーツ撮影ではまるで使い物にならない。かなり以前に発売されたパナソニック GH2 はコマ送りのような映像ながら、追従するだけまだマシ。
この事実を知るまではスポーツ撮影のサブカメラに使おうとマジで購入する気持ちマンマンだったのだが(笑)、一気に気持ちが萎えてしまった。

隣にPREMIUM COMPACT コーナーもあったのだが、スルー。



デュアルピクセル CMOS AF 体験コーナー。
ここでは鉄道ジオラマにミニチュア列車が走っており、それを70Dで撮影するという趣向。こちらのコーナーでは自分のSDカードを使用することはできなかった。



EOS 70D 撮影体験ステージ
こちらはヴァイオリンを引くモデルさんとそれに合わせて踊るモデルさんを撮影するという趣向。自分のSDカードを持っていれば撮影したデータの持ち帰りが可能。

 



ここで高感度画質比較
実は高感度画質を比較するために自前の1DXを持ってきており、ステージの花を撮影してみた。全く同じ場所で撮影することはできなかったのだが、粒状性を見ると1DXのISO12800が70DのISO3200と同等という感じ。比較相手が悪いけれど(笑)、単独で見るとISO3200は十分綺麗。ISO6400、12800になるとカラーノイズが出てきて粒状性も荒くなる。ISO25600となるとさらにひどくなるので、拡張ISOにしているのは妥当に思えた。



ISO3200(左:70D、右:1DX)
 

ISO6400(左:70D、右:1DX)
 

ISO12800(左:70D、右:1DX)
 

ISO25600(左:70D、右:1DX)
 


APS-Cは望遠に有利とよく言われるが、同じ画質に対して感度が2段分の差があるのなら、1DXでテレコン使って1段感度を上げたほうが、(テレコンによる画質低下は置いといて)粒状性としては綺麗だということになるのではと思った。もちろん同じ画角を得るなら、望遠系のレンズ機材がコンパクトになるというメリットがあることは言うまでもない。



 


お土産は黒いファイルボックス。中には各種カタログ類やキャンペーンチラシなど。どうせなら70Dとか「EF 90 Million」のステッカーでも入れてくれれば良かったのに。


なお、70Dによる撮り下ろしブック『立木義浩 イタリア写真紀行』がお土産としてはオリジナル感がありグー。



バリアングル液晶モニターでの連写を諦めればそれなりに良いカメラだと思うが、自分の使いたい用途としては力不足。そんなワケで、ちょっとパスかなぁ〜。
5D3の発表会では結構物欲を刺激されたが、今回は萎えてしまいマシタ(笑)。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン EOS 70D


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ