パナソニックはフルHD対応一眼「LUMIX DMC-GH1」を発表

DATE: 03/04/2009 23:04:12(他ブログからの引っ越しです)

PMA2009が開催されていて、例年これに合わせて各カメラメーカーは新製品を発表するのだが、今年はイマイチ寂しいようで、そのあたりが『デジカメWatch』でもレポートされている。
「史上最悪のPMAを生きる術(すべ)」

そんな中、がんばっているのがパナソニック。
「パナソニックはフルHD対応一眼「LUMIX DMC-GH1」を発表」

パナソニックはLUMIX DMC-G1がマウントアダプターを使用することで大抵のレンズが使えることから、マニアの間で注目されているようだが、それ以外にも、一眼ながらコンパクトなところがよさげに思える。フルサイズやAPS-Cの一眼レフに比べると、カメラも小さければレンズも小さいので、結構気軽に持ち運べそうだ。また、液晶モニターがフリーアングルなことも大きなポイント。縦位置でも横位置でも、ローアングル、ハイアングルで撮影できるのはいい。私のEOSではできないので、うらやましい。
そんなところで、LUMIX DMC-G1は注目していたが、その上位機種が発表された。ハイビジョン動画撮影機能の付加が主なポイントのようで、ボディサイズやデザインはG1とあまり変わらないようだ。これまた注目。

同時に交換レンズとしてVARIO 7-14mm F4 ASPH.とVARIO HD 14-140mm F4-5.8 ASPH. MEGA O.I.S. も発表。この2本はロードマップですでに告知されていたので驚きはないが、GH1ともども早く発売日と価格も発表してほしい。
『デジカメWatch』のレポートでの14-140mmの写真を見ると、カメラに対してずんぐり大きくも見えるが、約470gとのことなので、大した重さでもない。これ1本でほとんどの撮影に対応できそうだ。超広角ズームの7-14mmもいいなぁ。
なお、45mmF2.8マクロ(光学式手ぶれ補正機構内蔵)の参考出品もあったようだが、こちらは個人的にはあまり食指は動かない。個人的には対角線魚眼レンズを発売してほしいところだ。

といっても、実際にはコンパクトデジカメで不足の場合はEOSを持って行くだろうし、あえてG1とかGH1を持ち出すシチュエーションがあまり思い浮かばない。フリーアングルモニターを使うためにEOSのサブで持って行くという考えもあるが、わざわざもう1台というのもなぁ。古いFDレンズを持ち出して収差の出方を楽しむというマニアな楽しみ方か、旅行で少し気合いを入れて撮影する場合にはいいかも。

ついでながら、PMAではサムスンがミラーレスAPS-C機を発表したとのこと。

「サムスン、レンズ交換式ミラーレスAPS-C機「NX」シリーズ」

詳細は不明のようだが、「ミラーレス」で「APS-C」となると独自マウントと予想できるが、なかなか勇気がありますなぁ。
どうせならフルサイズのセンサーにすればマウントアダプターでライカのレンズとかそのまま楽しめて、マニアに爆発的に売れそうな気がするケド。



スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ