『カメラマン』2013年10月号

カメラマン 2013年 10月号 [雑誌]カメラマン 2013年 10月号 [雑誌]
(2013/09/20)
不明

商品詳細を見る


『カメラマン』2013年10月号


表紙&「倉繁利の女優びより」のモデルは上野樹里さん。
珍しく、ロケとスタジオの2パターン。ただ、表情がみんな同じ???(笑)。


「紅葉鉄道 撮っておき!」
北海道から九州まで、紅葉と鉄道をからめた綺麗な作例がたくさん。撮影ポイントも紹介されているので、お好きな方は要チェック。ワタシは完全にスルーだけれど(笑)。


「山田式チャート レンズまる裸! キヤノン EF マウント編」
ラボ内でのチャート撮影と実写を交えたレポート。評価されたレンズは・・・
● EF 24-105mm F4L IS USM
● EF 24-70mm F4L IS USM
● EF 24-70mm F2.8L II USM
● EF 70-200mm F4L IS USM
● EF 70-200mm F2.8L IS II USM
● EF 17-40mm F4L USM
● EF 35mm F2 IS USM
● SIGMA 35mm F1.4 DG HSM
ユーザーとして評価してほしいレンズが並んでいて、チョイスはなかなかグー。
興味深かったのが EF 24-70mm F4L IS USM の絞りによる画質変化のグラフ。通常、絞りを絞ると解像度は上がっていくものだが、このレンズのワイド端とミドル域では画面中央部は絞ったほうが落ちている。こういうことってあるのか?
EF 24-70mm F2.8L II USM は開放で EF 24-70mm F4L IS USM よりも高い数値をたたき出しており、さすが高いだけはあると思った。
EF 70-200mm F2.8L IS II USM のテレ(135mm)でのスコアがイマイチだったのは意外。
ところで、このテストはメーカー提供のそれぞれ1本だけをテスト・評価しているが、海外のサイトでは複数本のレンズをテストして評価しているところもあることを考えると、どうなのかなと。


「どっちのレンズショー」。今回はニコン AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6 G ED VR vs ライバル編。
ワタシはニコンユーザーではないのでスルー。



『カメラマン』10月号はこんなところで。




スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : カメラマン


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ