「ローパス効果を選べる一眼レフ「PENTAX K-3」」について



リコーイメージングがデジタル一眼レフの新製品「PENTAX K-3」を発表した。

デジカメWatchの記事:ローパス効果を選べる一眼レフ「PENTAX K-3」

リコーイメージングのリリース:Kマウントデジタル一眼レフカメラ最上位機種「PENTAX K-3」を新発売




限定2,000台でシルバーモデルも発売されるようだが、こちらも人気が出そうだ。日本市場では何台売られるのかな?


さて、K-3 は色々な面で旧モデル(K-5 II/K-5 IIs)からブラッシュアップされており、魅力的なモデルになっているようだが、何といってもワタシが興味を持ったのはローパスフィルター効果を選べる「ローパスセレクター」機能。
本機自体はローパスフィルターレスだが、撮像素子をサブピクセル単位で動かしてローパスフィルター効果を出し、しかも OFF/弱/強が選べるという。
簡単に言えば、超・微妙なカメラぶれを起こすということなのだろうけど、ローパスレスカメラのモアレ対策として面白いアプローチだ。

ペンタックスはもともとセンサーシフト式手ブレ補正機構「SR(Shake Reduction)」を採用してきているので、既存技術の延長なわけだから、合理的。
ただ、結局はカメラぶれを起こしてモアレを消すわけだから、厳密には先鋭度が下がることになるハズ。
そういう意味では、シグマのFoveon X3 センサーは3層のカラーフィルター方式で、モアレや偽色は出ない。けれど、高感度に弱いようで。
新カラーフィルター配列の富士フイルムの「X-Trans CMOS」のほうがシンプルで合理的に思える。また、高感度画質も評価が高いようだ。

今後もローパスフィルターレス関連の技術は色々と進歩があるのだろうけれど、ワタシが愛用しているキヤノンが未だ沈黙しているところが歯がゆい。まぁ、キヤノンのことだから、満を持してドーンと発表するのだろうけれど、いつになることやら(笑)。


話をK-3に戻すと、発表後早々に全国主要都市で発表会を行うようだ。ワタシはペンタックス/リコーユーザーではないのだけれど、面白そうだから行ってみるかなぁ〜。

デジカメWatchの記事:「PENTAX K-3体感&トークライブ」を全国5都市で開催




スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : PENTAX K-3


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ