[プラス思考でがんばる三重の大人の情報誌]『Plus』Vol.3



[プラス思考でがんばる三重の大人の情報誌]『Plus』 Vol.3
Vol.1、2と購入しているが、回を追うごとに発売日がずれているような・・・(笑)。とはいっても、本号の発売日は9月23日(と書かれている)。ワタシが購入したのは26日。その後しばらく多忙で読めなかったが、最近になってようやく読めたというところ。

ところで、公式サイトが開設されたようで。→プラス三重


まずは「DIVA FROM MIE」。今回は加藤ゆりサン。
四日市出身。1986年生まれで2005年のミス東大に選ばれ、現在は日本テレビ『ZIP!』に週2回レギュラー出演されているようで。
子供の頃のエピソードから受験、ミス東大に選ばれたときのエピソードなどの当たり触りのない内容のインタビュー(失礼!)。本人の思う三重のいいところ/悪いところとか、思い出の場所とかを聞いてくれると、より親近感が増すのでは?
とはいえ、このシリーズは続けてほしいですな。


「大矢知直登のプラス対談」水族館プロデューサー/中村元
本号ではこの記事が一番面白かった。中村元氏は大学で経営学を学び、水族館に入ったという異色の経歴。水族館プロデューサーとして鳥羽水族館、新江ノ島水族館、サンシャイン水族館などのリニューアルで手腕を発揮している人だそーで。
本人は大学では全然勉強しなかったが、卒論では先生が一番不得意そうなテーマを選んだというのが笑えた。ちなみにタイトルは「マーケティングに於ける女性購買心理」。
また「水族館は魚好きが行くところという常識は間違い」というコメントにも惹かれた。「水族館は非日常を体験しにいくところ」だそうで。ナルホド。
後半は2人の人脈論や分析力の話など。


「大矢知直登のプラス対談」四日市市長/田中俊行
ワタシは四日市市民ではないのでさほどこの対談に興味はないのだけれど、中学時代はテニス部で活躍しており、地区大会で個人優勝したとのこと。
大学時代のことや政治家を目指したきっかけなどが語られており、本人の人柄を知るにはいい対談記事。


企業紹介「井村屋株式会社」
いま、あずきバーがブレイクしている井村屋デス。
過去からの歴史や商品が紹介されているのだが、ビックリしたのは首都圏のかつての若者の憧れの店『アンナミラーズ』を経営していたのが井村屋だったこと!(ウェイトレスの制服が魅力的だったらしいが、残念ながらワタシは一度も行ったことがない)。


企業紹介「海の幸 魚長」
ワタシの地元/鈴鹿市の有名なアナゴ料理専門店。
もともとは割烹料理店だったが、先代の死を機に平成7年、アナゴ専門店として再スタートしたとのこと。中京テレビの『ズームイン朝』で紹介されると一気に知名度が上がったというが、平成10年頃からアナゴの漁獲量が減少、18年からアナゴ養殖をスタート。
ワタシも家族で一度行ったことがある。結構広い店で、寿司やら天ぷらやら、腹一杯アナゴをいただきました。
ところで、記事そのものとは関係ないけれど、店舗写真で「準備中」の看板がでているのはどうかと・・・。撮影のときだけ移動させるとかの気配りが欲しいですなぁ(笑)。


PERSON「安藤恭子/安藤食品サンプル製作所」
三重県で唯一の食品サンプル工房を営む安藤恭子さんをピックアップ。
店頭ディスプレイ用のサンプルを作るほか、マカロンや桑名名物 安永餅のミニチュアストラップなども制作。

公式サイト安藤食品サンプル製作所|三重県桑名市|食品サンプルの製作・販売・製作体験教室など



ほかにも記事はたくさんあるけれど、『Plus』Vol.3 はこんなところで。



スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌

tag : Plus


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ