『サイゾー』2013年11月号「思わず二度見したくなるタブー白書」

サイゾー 2013年 11月号 [雑誌]サイゾー 2013年 11月号 [雑誌]
(2013/10/18)
不明

商品詳細を見る



ちょっと遅くなったけれど、『サイゾー』2013年11月号


表紙&巻頭グラビア高崎聖子さん。
今月は生着替え中のモデルをもう一人の自分がこっそりのぞくーーーというイメージだそうで。表紙がちょっと人目をはばかりますなぁ。電車の中で読むとき、表紙を回りに見られないように気を使いマシタ(爆)。


第1特集「現代タブー白書」

第1章 芸能
● 芸能界のドンを撃つ大物組長の独占告白!
● GLAYをめぐる金銭トラブルと “銃弾”
● お笑いも映画もとことんツマラン 松本人志は「もう死んでいる!」
● 伝説の斬られ役・志賀勝が見た仁義なき “京都芸能” タブー
● 後継者不在のジブリに来年解散説も浮上!?
● 結局出たいのは蜷川幸雄くらい・・・落ちぶれタレントの墓場化した演劇界

第2章 差別
● 有名人の輩出から在特会まで 本音の朝鮮大学校OB座談会
● Jリーグの “在日枠” の存在理由とは? スポーツ界における在日タブーの今
● 平安末期の “河原人” が始まり? 解き明かされざる被差別部落史の真実
● 生活保護、低学歴、薬物汚染・・・帰国しなかった在日ブラジル人の闇

第3章 社会
● 大物親分の暴露本『鎮魂』の余波か? 山口組7代目体制をめぐる “不協和音”
● 東京五輪決定のウラでうごめいた皇室問題と禁断のギャラ事情
● 五輪招致成功で気分上々「猪瀬ファシズム」大研究
● ついに “55本HRタブー” が破られた裏で正解を巻き込むセ・パ覇権闘争が勃発
● マリファナを吸って通学する高校生も!? ヤバすぎる10年代の10代ドラッグ事情

五輪招致関係では「私たちは東京オリンピックに「絶対反対」!」として5人の知識人のコメントを紹介しているが、ワタシは中でも斎藤貴男氏(ジャーナリスト)のものに共感。「東北の復興をダシに東京が儲けようとする性根が卑しすぎる。(中略)五輪による日本全体の活性化などあり得ない。ゼネコンやマスコミなど中央の大企業が肥えるだけである」。新国立競技場は完成したけれど東北の仮設住宅住まいの人たちはまだ残っているなんてことがないように期待したい。


第2特集「「病院経営」から見た現代医療のウラ側」
● これがジッツと系列病院のカンケイだ!
● 年収6000万円の産婦人科も? 高収入も意味がない過酷な労働環境
● 制約会社の利権渦巻くイガクムラの実態 患者を薬漬けにする不可解な薬ビジネス
● 地域医療崩壊の元凶は厚労省!? モンスター患者に疲労困憊の医師座談会

本記事を読むと現代の日本の医療状況がよくわかる。特に地方医療が崩壊した理由として2004年に厚労省が主導した医師法改正によって導入された「新医師臨床研修制度」を挙げている。これにより自分の大学病院医局に入る医師が少なくなり、大学病院は地方医療現場へ医師を供給することができなくなったからだとしている。


「月刊カルチャー時評」今月は『半沢直樹』
ワタシは世間の動向とはウラハラに『半沢直樹』を1度も見ていない。なので、前半、あまりピンと来ない(失礼!)。後半、漫画『島耕作』との比較をしていて、ここのあたりの分析が面白い。
「『半沢直樹』は戦後の企業社会は基本的にダメなんだ、という世界観が前提にある。それに対して『島耕作』は戦後の大企業文化自体を根本から否定するような視点は終始持たない。そういうメンタリティの差が如実にある」。「同じサラリーマンもののマンガ『島耕作』が『半沢』によって息の根を止められたな、と思いました。」「社長編以降は痛々しいものがある。」とボロクソ。でも、たしかにそれはあるかも。


「News Number two」
● プライバシー利権をめぐって総務省vs経産省のバトル勃発!?
● 夢のガジェット「スマートウォッチ」こそ日本メーカーが挑むべき領域だ!?
● 共同記者が写真偽装 「本塁打」実は別の打席

「共同記者が写真偽装 「本塁打」実は別の打席」はプロ野球の3試合で本塁打を打った打席でない写真を「本塁打」のときの写真として配信していたことが発覚。取り逃がしたのをごまかしていたのだが、ばれないと思ったのだろうか? また、偽装そのものがもちろん重大な問題だが、この記者は少なくとも3度も本塁打を取り逃がしているわけで、その技量もまた問題だ。
どの打席でホームランが出るかは誰にもわからないことだけれど、野球の場合、サッカーと違って試合進行には細かい区切りが決まっているわけで、三振しようと三塁打を打とうと、その後仕切り直してまたピッチャーが投げるまでには時間ができる。また、バッターの位置は決まっているわけだから、本来撮りやすいはずなのだけれど・・・。



『サイゾー』11月号はこんなところで。

スポンサーサイト

テーマ : 雑誌
ジャンル : 本・雑誌

tag : サイゾー


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ