「ニコン、往年の銀塩一眼レフを思わせる「Df」」について



今日(11月5日)、ニコンがウワサ通り Df なるデジタル一眼レフを発表した。

デジカメ Watchの記事:
ニコン、往年の銀塩一眼レフを思わせる「Df」
ニコンDfの発表会で後藤哲朗氏が企画説明

カメラ外装はフィルムカメラ時代のニコン一眼レフカメラを彷彿させるスタイリングで、レンズまで特別デザインの50mm F1.8Gを用意。中身はD4の撮像素子を採用しながら、FXカメラとして最軽量とのこと。動画機能を省略することで、カメラ本体は約28万円。

ウェブでの声を聞くと、デザインに対する賛否両論、価格に対する賛否両論があって面白い。

デジカメ info の記事:ニコンが直感的なダイヤル操作系の一眼レフカメラ「Df」を正式発表



ワタシ自身、ニコンユーザーではないので他人事なのだけれど、いちおうコメントを。

まず、デザインだけれど、フィルム時代のニコン一眼レフを彷彿させながらも、ちょっとイマイチ。ペンタ部全体の高さとホットシュー部分の出っ張り、さらに言えばボディの厚みが残念。

一方、軍艦部にはダイヤル類がいっぱい。モードダイヤル、シャッタースピード、ISO感度、露出補正と、フィルムカメラユーザーには感涙ものかも(笑)。とはいえ、現在のGレンズには絞り環がなく、絞り優先AEとかマニュアル撮影では現代的な操作方法をせざるを得ないようで、残念。まぁ、このカメラを購入するユーザーは古いレンズも持っているだろうから、大丈夫と踏んだのか。あるいは中古市場で旧レンズがにわかにブームになったりして。

D4と同じ撮像素子を採用しており、画素数は1,625万画素と少々控えめながら、ISO100-12800(拡張でISO50-204800相当まで)と高感度に強い。D800/D800Eは高感度に強いという評価がないように思うが、画素数よりも高感度画質を求めるユーザーには一つの選択肢になるかも。D4はやっぱり高価だし(笑)。

そうはいうものの、ボディ単体価格20万円程度のD610も常用範囲がISO100-6400。拡張範囲はLo 1.0(ISO50相当)からHi 2.0(ISO25600相当)までと、普通に使用する分には十分な高感度特性で、画素数は2,426万画素。動画撮影も可能ということで、スペックやコストパフォーマンスを考えたら、常識的には D610だろう。

だからこそ、Df は趣味人、昔からのニコンユーザーを対象にしているのであって、そういう価格設定になっているのだろう。だから、ウェブでのコメントが賛否両論でもOK。賛同してくれる人だけが買ってくれればいいのだから。ニコンが欲をかいた目標数字を立てていなければ、それなりに売れてユーザーもメーカーもハッピーで終わるだろう。

ただ、趣味人向けで詰め込み的スペック重視でないとなると、需要が一巡すると全く売れなくなる可能性もあり、そのときにやたらと作り過ぎて値崩れしてしまっては、最初に買ったユーザーもアンアッピーだし、メーカー的にもアンハッピーだろう。なので、仮に初期受注がドーンとあったとしても、変に増産せず、小出しに販売していくのがいいのではないか。

ワタシの売れ行き予想はシルバーモデル8:ブラックモデル2ぐらいかなぁと。やっぱりシルバーモデルでしょう! しかも50mmのスペシャルエディション付きで。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : ニコンDf


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ