2013.11.11 映画『スティーブ・ジョブズ』もう一つの見方




映画『スティーブ・ジョブズ』を観てきて、すでに別ブログで感想を書いた。

IKEDA HIROYAのとりあえずブログ:2013.11.11 映画『スティーブ・ジョブズ』★2

★2としたとおり、後味のあまり良くない映画だったのだが、「あのとき、アップルの取締役会で何が起こったのかを暴く」ことが首題であったとしたら、なかなか上手く表現されていると思うし、あるいは「カリスマと呼ばれた男の裏の顔」が首題であったとしてもよく表現されていると思う(笑)。
そういう風な前提で観たとしたら、評価は★4ぐらいにしてもよかったかな、と。とはいえ、アップルやスティーブ・ジョブズにさほど思い入れのない人が「偉大なアップルのカリスマ伝記映画」という先入観で観るとしたら、やはり★2だとしたい。

また、アップルファンとしては、ガレージで始めた『Apple I 』の開発現場では、数人でハンダ付け作業を行なうという、今では考えられない家内制手工業が興味深かった。

その後の『Apple II』の開発では、ベンチャー投資家マイク・マークラの支援を受けて大成功を収めるが、アップルのオフィスが一気に大企業のそれになったのにはビックリさせられた。たった1製品のヒットでこうも変わるものかとアメリカンドリームを感じた。

『初代 Macintosh』の開発担当になってから、よその部署の優秀な人員を即座にポンポン引き抜いていくシーンは小気味よかったし、完成するまでのシーンはなかなか良かった。ファイルをゴミ箱にドラッグして入れるとゴミ箱が膨らむというギミックがカメラに収められているのも、ファンにとっては感涙モノ。

そんなワケで、アップルファン、スティーブ・ジョブズファンの方には当時のシーンを観られるということで、とりあえずオススメしておく。ただし、「偉大なアップルのカリスマ伝記映画」ではないので、くれぐれもお間違えのないよう(笑)。


公式サイト:映画『スティーブ・ジョブズ』公式サイト


スポンサーサイト

テーマ : Apple
ジャンル : コンピュータ

tag : アップル スティーブ・ジョブズ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ