デジタルカメラマガジン特別編集『デジタル一眼レフ 交換レンズ完全ガイド 2014年度版』

デジタル一眼レフ  交換レンズ完全ガイド  2014年度版 (インプレスムック DCM MOOK)デジタル一眼レフ 交換レンズ完全ガイド 2014年度版 (インプレスムック DCM MOOK)
(2013/11/27)
赤城 耕一、田中 希美男 他

商品詳細を見る



デジタルカメラマガジン特別編集『デジタル一眼レフ 交換レンズ完全ガイド 2014年度版』

本屋に積まれていたので買ってしまった。

記事の多くは『デジタルカメラマガジン』の記事をそのまま使っていると思うのだが、最近あまり読む機会がないので(ワタシんちの最寄りの書店にはどういうわけか『デジタルカメラマガジン』だけが置かれていない)、新鮮な気持ちで読めた(笑)。

152本のレンズが取り上げられているようだが、必ずしも全てを均等に取り上げているわけでなく、あるレンズは単体で数ページ割いたり、競合レンズの比較テストがあったりとバラエティに富んでいる。また、レンズそのものの紹介やテスト以外に、光学理論の解説などもあって、写真を始めてだんだん面白くなってきたあたりの方には勉強になる一冊だと思う。

ちなみに、ニコン AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gオリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROキヤノン EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー1.4xシグマ 24-105mm F4 DG OS HSM などの最新モデルも紹介されている。

ワタシはキヤノンユーザーなので、EFレンズに興味を持って読んだ。
なかでもEF40mm F2.8 STM の評価が高くてちょっと食指が・・・(笑)。値段安いし。でも、買っても(ワタシ的には)そんなに出番なさそうだし。
EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー1.4xは、297ページの作例では周辺光量低下が大きいのがどうも・・・。252〜255ページの作例ではそのようにかんじないのだけれど。なお、253ページのカモシカの親子の作例で、まだツノも生えていない子供が岩から飛んでいるのは非常にカワユイ。
赤城耕一氏が日本製レンズの名玉としてワタシも所有している EF 50mm F1.0L USM を挙げているのに少し嬉しくなったけれど、このレンズは本当に名玉なのかなぁ、と(爆)。クセ玉というほうが合っていると思うけれど(笑)。


繰り返しになるが、本書は色々な企画記事の寄せ集めなので統一感がなく、パラパラめくっていてもどこにどのようなレンズが紹介されているかの予想がつかない。お目当てのレンズがあるなら、巻末の『現行レンズ価格データベース』に個々のレンズの掲載ページが記載されているので、利用する方が手早いだろう。
あとは暇つぶし感覚で気になったページをあちこち読むのがいいのでは? 320ページのボリュームなので、全部読むにはかなり時間がかかるだろうから。



スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : デジタルカメラマガジン 交換レンズ完全ガイド


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ