『サイゾー』2013年12月号「カネと利権まみれのマンガ」

サイゾー 2013年 12月号 [雑誌]サイゾー 2013年 12月号 [雑誌]
(2013/11/18)
不明

商品詳細を見る



『サイゾー』2013年12月号


表紙&巻頭グラビア山中知恵さん。
特集「カネと利権まみれのマンガ」に合わせてマンガの擬音をあしらったポップな水着を着用。
毎回撮影の企画が面白いのだが、今回はイマイチ(失礼!)。むしろ特集「カネと利権まみれのマンガ」の扉ページ(P32-33、P34-35)のポールダンスのダンサーの衣装にマンガが差し込まれている写真のほうが面白い。


第1特集「カネと利権まみれのマンガ」
第一章 業界〜巨大市場のビジネス動向とそのウラ側
第二章 ヒット〜あの人気作にまつわるカネと欲望の正体
第三章 戦略〜この業界の未来を占う大胆な “作戦”

面白かったのは・・・
● 2013年のマンガ業界を総括する業界ニュース 「ヤンジャン」編集長の暴力事件から出版社の身売りまで!
● 必勝スタイルは “パクリ&インスパイア” 系!? 『重版出来!』には載らない編集長座談会
  ワタシが愛読している週刊少年ジャンプ『食戟のソーマ』の作者はかつてアダルトマンガを描いていたそーで。実際、美味しさの表現としてどういうわけか服がビリビリ破けてハダカになる表現があるので、なるほどという感じ。エロ系を排除している少年ジャンプとしては異例。
● 日本一のマンガ家の素顔を知る……「週刊少年ジャンプ」アシスタント座談会
● 業界は死の淵ゆえに超カオス! マンガ番外地「エロ劇画」秘録
● 「モーニング」「ジャンプ」マンガ誌とウェブの新展開
● 乱立するマンガ賞&ランキング 主催者たちの下心と胸算用


第2特集「芸能人と美容整形 美の追求の倫理学」
● 報道から探る整形大国の賛否と韓国が “美容” を推進する道理
● 貸すことはあってもカネはださない! 芸能マネが語る「タレントの美容整形」
● 人種差別に深く関わる美容整形とグローバル化をめぐる関係性


「News Number two」
● 視聴率が価値なき時代のマスメディアとは!? クロサカタツヤが問う情報産業のあるべき未来像
● 学生はリクルートにとって商材だった? 就活 “ミスマッチ” 広告ビジネスの正体


TALK ON DEMAND「オリンピック商業化が生み出した功罪」
神保哲生氏(ビデオジャーナリスト)と宮台真司氏(社会学者)、そして小川勝氏(スポーツライター)の三者対談。
選手強化費の具体的な金額や、JOCが広告エージェントのようなことをやっていることを紹介。
7年後の東京オリンピックの具体的な収支見込みについても語っている。テレビのニュースでは新国立競技場のことだけを取り上げていたが、ここでは全体像を冷静に評価していて興味深い。
そして、オリンピックの商業化に至る経緯も紹介されていて、なかなか読み応えのある内容だった。



『サイゾー』12月号はこんなところで。



スポンサーサイト

テーマ : 雑誌
ジャンル : 本・雑誌

tag : サイゾー


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ