2013.12.03 バドミントン全日本総合選手権大会1日目(予選)




いよいよバドミントン日本一を決める大会が始まった。会場はいつも通り、原宿と渋谷の中間地点にある代々木第二体育館。

初日となる12月3日は男子単、女子単、男子複、女子複、混合複の5種目の予選(全70試合)が行なわれた。
試合は10時スタートだが、初日ということもあり、ワタシは8時半に会場へ。ところがプレスルームが閉まっていて、部屋の前でしばらく待ちぼうけ。8時45分頃になってようやく部屋が開き、中へ入ってIDカードやパンフレットなどをいただく。

テーブルの片隅を自分の陣地とし、パソコンを立ち上げ、LANを繋ぐ。カメラも準備。

ちなみに予選・1回戦・2回戦はアリーナに試合コートが6面設置される。ところが、アリーナでの撮影エリアはごく限られているので、今日はすべて2階通路で撮影することに。
このため、機材はほぼ2階席用のもののみを用意。
● キヤノン EOS-1D X
● キヤノン EOS-1D Mark IV(1DX故障時の予備)
● タムロン SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD(ほぼ予備)
● キヤノン EF 70-200mm F2.8L IS USM(120-300mm故障時の予備)
● シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM
● シグマ APO テレコンバーター 1.4X EX DG(予備/使用せず)
● シグマ APO テレコンバーター 2X EX DG(予備/使用せず)
● キヤノン EF 400mm F2.8L IS USM
● キヤノン エクステンダー EF 1.4X II
● キヤノン エクステンダー EF 2X II
● マンフロット一脚 685B
● スリック バル自由雲台
● エツミ プロフェッショナルクイックシュー

試合開始。

今回は選手全員を撮影するわけではなく、依頼主がセレクトした19組のみを集中撮影するということだったので、クソ重い EF 400mm F2.8(レンズだけで5.5kg!)を用意。120-300mmと2倍テレコンで済ませるという雑な(笑)撮影は止め、なるべく400mmを使用することにした。120-300mmにテレコンを使用するよりも1段ISO感度を下げることができる。
ただ、400mmはとてもじゃないが終日手持ち撮影するなど無理なので、一脚を使用することにしたのだが、これはこれで移動時などに邪魔になる。痛し痒し。
ISO感度はノーマルで3200。1/1000秒、f2.8。1.4Xテレコン装着時にはISO6400、2Xテレコン使用時にはISO12800という具合。
本当は120-300mmと2倍テレコンで済ましてしまえば、5.5kgのクソ重い荷物と一脚を持ち歩かなくて済むし、テレコンの交換も最小限で済むので便利なのだが。WEB用画像がほとんどなので、トリミングしても問題にならないことを考えれば、それで十分と言えば十分なのだが、一応、綺麗画像を目指してあえて面倒なレンズを使用した次第。

撮影枚数は3,129枚。最近は5,000〜6,000枚撮影しても驚かなくなってしまったが、撮影対象が少ない分、枚数も減った次第。
とは言え、その分それぞれの選手たちを時間をかけて撮影することができたので、いい写真が撮れたように思う。
ただ、出来上がりはちょっとマンネリ気味かな?




写真は中学生ながら予選を2試合勝ち抜き、本戦出場を果たした仁平菜月選手。



明日の1回戦は試合数が一番多くなり、一番シンドイ1日となることが予想される。



スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : バドミントン 全日本総合選手権大会


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ