『カメラマン』2014年02月号

カメラマン 2014年 02月号 [雑誌]カメラマン 2014年 02月号 [雑誌]
(2014/01/20)
不明

商品詳細を見る



『カメラマン』2014年02月号


表紙&「倉繁利の女優びより」のモデルは中川翔子さん。


「2014 CP+ 直前&秋のフォトキナ 生情報 カメラはこうなる! 大予想SP」
16ページにわたり、山田久美夫、河田一規、豊田慶記、落合憲弘の4人が座談会形式で2014年の新製品を大予想。
内容は予想サイトにすでに出ているものもあれば、それぞれのプロ独自の予想もあり。
座談会の内容の評価は読者それぞれにお任せするが、せいぜい半日程度の座談会で16ページというのは効率的な企画ですなぁ(笑)。もっとも、座談会自体は昨年12月に行なわれたらしいが、今年1月のCESレポートを山田久美夫氏がレポートしていて、単純に効率的な企画というのも失礼か(笑)。


「自腹購入 愛用者発 炸裂! 本音トーク」
プロ21名が昨年実際に購入したカメラを評価。作例とコメント文章、さらに購入時に比較した機種、お気に入りポイント、改善してほしいポイントが示されていて、参考になると思う。


「着エロの戦慄2014」
6名のプロによる競演。着エロ対して色々な解釈で撮られているが、女子高生に対するエロスというイメージで撮影している作品は、ワタシ的には倫理的にNG。モデルは成人であると思いたい。
一方、ヌードとギターを組み合わせた作品は、着エロとは違うカテゴリーのように思えた。


「山田式チャート レンズまる裸! ニコン FXマウント編 その2」
評価されているのは最新のニコン24-70/2.8、70-200/2.8 VR II、70-200/4 VR、58/1.4、35/1.4、シグマ 50/1.4 EX DG HSM、同 35/1.4 DG HSM。
数値的にはニコン純正よりもシグマ 35/1.4 DG HSM のほうが優れていて、価格も大幅に安いだけに、ニコン純正の今後の売れ行きはキビシクなる?


「どっちのレンズショー オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO vs ライバルレンズ」
マイクロフォーサーズユーザーとしては、同レンズとパナソニック LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH./POWER O.I.S. との評価に興味あり。ほかにオリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ、パナソニック LUMIX G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S. 。
評価は意外にもパナ12-35/2.8がオリ12-40/2.8よりも少し上という評価。さらにパナ14-42/3.5-5.6も高評価。



『カメラマン』2月号はこんなところで。

スポンサーサイト

テーマ : 雑誌
ジャンル : 本・雑誌

tag : カメラマン


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ