EF70-200mm F2.8L IS USM が売れました!


(某グラビアアイドルにいただいたフードのサインはシンナーで綺麗に消しました)




昨年末に EF70-200mm F2.8L IS II USM を購入したので、EF70-200mm F2.8L IS USM を売ることにした(というか、それを前提に II 型を購入したのだが)。

マップカメラでワンプライス買い取り価格 95,000円だったので嬉々として発送したのだが、「中玉周辺部にクモリがある」ということで、査定価格はマイナス5万円の45,000円に!(悲)。
いくらなんでもそれはないだろうと売ることを止め、手元に戻した。クモリ取りなら1〜2万円程度でできるものと思ってすぐにキヤノンへ修理に出したところ、修理費用は47,000円! 手ブレ補正ユニットのレンズが曇っていたようで、ユニット丸ごと取っ替える必要があるとのことだった。結局、修理依頼をしたが、これならそのまま売っても良かった(笑)。

で、修理されたレンズを改めてマップカメラに買い取ってもらった。今回は減額なしの 95,000円。修理費用がかかったのはイタかったけれど、このレンズはワタシの購入した3本目の EFレンズで、2002年購入。東京・中野のフジヤカメラで174,000円で購入した中古レンズだが、10年以上よく働いてくれた。十分モトは取ったと思う。

過去のエントリー:Canon EF70-200mm F2.8L IS USM

当時 1,470g の重量を重いと感じていたが、EF 400mm F2.8L IS USM(5,370g)を購入してからは、全然大したことないと思うようになった(笑)。

過去のエントリー:ウン十万円の筋トレツール? Canon EF400mm F2.8L IS USM

話を EF70-200mm F2.8L IS USM に戻すと、10年以上、安心して使用してきた。画質も良いし、開放F値も2.8と単焦点並で手ブレ補正機構付き。EFレンズの中では最も信頼できるレンズだった。
シグマ APO 120-300mm F2.8 EX HSM を購入してからはバレーボール撮影に関してはこちらに重点が移ったけれど、バドミントンのアリーナ撮影では同レンズよりも EF70-200mm F2.8L IS USM のほうが焦点距離としては使いやすく愛用。クモリさえ出なければもっと使っていたかもしれない。

EF70-200mm F2.8L IS II USM を購入したのでバトンタッチすることになったが、後年、思い出がたくさん残っているのは EF70-200mm F2.8L IS USM のほうだろうと思う。







スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン 70-200mm


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ