2014.04.02 大阪インターナショナルチャレンジ2014(予選) 撮影後記



昨年同様、『ヨネックス大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会2014』の撮影で大阪府守口市入りしている。

宿泊先は会場の守口市民体育館からすぐ近くの安ホテル。このホテルはいろいろとマナーに厳しいところがあり、最初に泊まった時は少しストレスを感じたが、慣れてしまうとそれなりに快適。会場に近くて安いというのがヨイ。

今回、撮影機材の多くと着替えなどをペリカンのトランク1610に詰め込んで事前に宅配便でホテルに直送。保険のため、必要最低限撮影できる機材をハイブリッドギアトロリーに入れてハンドキャリー。行きの移動はそれなりに身軽で快適だったが、帰りのときの処理を考えるとちょっと憂鬱。



さて、大会初日の撮影。

予選は5種目すべてが行なわれるわけではなく、今回は混合複が全くなかった。男子単、女子単は予選2回戦も行なわれ、合計41試合。10時スタートで15時半頃に全試合終了。この時間に終わるとウレシイ(笑)。
スタート時には6面のコートで一斉に試合がスタートするので、とにかく全試合撮り漏らしがないよう神経を使うが、思いのほか余裕で撮影できた。ちなみに全試合アリーナで撮影している。

撮影枚数は 3,357枚。数打ちゃ当たる方式なので(笑)、まぁそんなところですかな。1DX、よく働いてくれてます。
レンズは EF 70-200mm F2.8L IS II USM と、今回、初仕事となる EF 24-70mm F2.8L II USM。今まで使ってきたタムロンの24-70/F2.8とズームはキヤノン純正と逆なので、使い始めはストレスだったが、今となってはタムロンに馴染んでしまい、純正を使うとズームを逆に回してしまう(爆)。
AF速度は速いと思うけれど、タムロンより極端に速いとも思わない。AFがよく奥に抜けるのも変わらない(ウデが悪いだけ? 爆)。
70-200mmも I 型に比べて劇的に速くなったとは思わないし、実際、被写体が手前に向かってくるようなシーンでは、AFが追いつかないケースがよく見られる。

その後は撮影データをHDDにコピーし、記事用画像のセレクトと全選手の写真ピックアップ。全選手の写真ピックアップはそれぞれ色調補正とトリミングも行なうので、数時間かかり、結構キツイ作業。睡眠時間が削られるが、ホテルが会場に近くてヨカッタ!!(笑)。



SMASH & NET.TVの記事:【大阪IC 2014】第1日目(予選) 各国のホープが大阪に集結!


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : 大阪インターナショナルチャレンジ バドミントン 1DX


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ