2014.04.06 大阪インターナショナルチャレンジ2014(決勝) 撮影後記



いよいよ首題大会も最終日。決勝は5種目各1試合のみという、贅沢なスケジュール。1回戦の80試合とは大違い(笑)。

試合前のイベントは『潮田玲子バドミントンクリニック』と選手サイン会。
『潮田玲子バドミントンクリニック』にはかなりの列が並んでおり、その中から20名のみが抽選で選ばれる。
進行は前日と似ているが、コートが1面しかないので、潮田さんとアシスタントのヨネックス/佐藤冴香選手がそれぞれ半面を使って小中学生とラリー。
一通り撮影して後ほどFacebookにアップ。
サイン会は10時15分から。前日は12時30分という、試合中の実施でどういうつもりかと思っていたが(サインをもらうためにはその間、観戦ができない)、この日は試合前でグッド。かなりの人が並んでいた。
サイン会要員の選手は、ルネサスの福島由紀、同 廣田彩花、NTT東日本の小松﨑佑也の3選手。

試合は11時から。
昨日同様、第1ゲームは2階席(実際は4階)から120-300mm+1.4xテレコンで撮影(途中からテレコンは図示のみに変更)。
第2ゲームはアリーナで。シングルスは120-300mm、ダブルスは24-70mmで撮影。
優勝が決まる瞬間には神経を使ったが、顔が反対側を向いていたり、リアクションが地味だったりでイマイチの結果ばかり(笑)。

表彰式では EOS-1D Mark IV + タムロン 28-300mm + ニッシンストロボ Di700 + コンパクトバッテリーパックの組み合わせで撮影。久しぶりに1D4を使用した。同時に1DX + 24-70mm で定常光撮影をしたけれど、こちらの方がよかったかも(笑)。ヨネックスオープンジャパンの場合は赤絨毯で選手の表情が赤カブリするので、ストロボ撮影する必要があるが、今回は色カブリがないので、ストロボは必要なかったかも。

総撮影枚数は2,443枚。5試合なのでこんなもんだろう。

試合は4時前に終了し、データをHDDにコピーしたところで会場を後にし、帰宅の途に。
電車に乗る前にペリカン1610トランクをコンビニで宅配依頼。これを自宅まで持って行くのはツライので(笑)。

自宅に戻って写真セレクト&記事作成。帰りの電車では酒を飲んで爆睡状態だったけれど、寝ているとき以外は仕事をしているような状態。


後作業がまだ残っているものの、とりあえず、大阪インターナショナルチャレンジ2014 の撮影は無事終了イタシマシタ。


SMASH & NET.TVの記事:【大阪IC 2014】第5日目(決勝) 橋本、数野/山田、松尾/内藤が頂点に!!!



スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : 大阪インターナショナルチャレンジ バドミントン 1DX


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ