「タムロン、世界最高18.8倍ズームレンズを4月24日に発売」について



CP+2014で展示されていた高倍率ズームレンズ「16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO」(Model B016)が正式発表となった。価格は税別87,000円、キヤノン用とニコン用を4月24日に発売するとのこと。

デジカメWatchの記事:タムロン、世界最高18.8倍ズームレンズを4月24日に発売

タムロンのリリース:『16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO(Model B016)』

タムロンのサイト:B016スペシャルサイト


CP+2014で同時発表された28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD(Model A010)は今回正式発表になっていないのが残念。



さて、16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO(Model B016)。

18.8倍というヤケクソな高倍率だが、MTFを見ると、広角端の四隅が少し甘そうだが、それ以外は十分以上にシャープなようだ。

他社の高倍率ズームが18mm(キヤノン用の場合、35mm判換算28.8mm)スタートなのに対し、本レンズは16mm(同25.6mm)。この差は結構大きい。
望遠端も300mmと従来モデルの270mmよりも伸びていて、35mm判換算480mm。本当にこれ1本でOKというぐらいの焦点域だ。
さらに、最短撮影距離が従来モデルの0.49mから0.39mに縮まっている。わずか10cmだが、これも実際にはかなり便利だろうと思う。

特筆すべきは超音波モーター PZD(ピエゾドライブ)&フルタイムマニュアル対応。従来モデルに比べて使いやすくなるだろう。

もちろん、手ぶれ補正機構 VC も内蔵。

サイズは長さ 99.5mm、最大径75mm。正直なところ、望遠端を200mm程度に抑えてコンパクトにしてもらったほうが、ワタシとしては有り難いけれど、“18.8倍” というキャッチは店頭では強いインパクトがあるだろうなぁ(笑)。
重量は540gで、ワタシが持っている AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical [IF] MACRO (Model A20)(555g)よりも軽い。

デザインは先端部分が少し先細りになっていて少し残念だが、フードをつければ気にならないだろう。全体的にシックなデザインで好感が持てる。



そんなワケで、これまた買いたいレンズではあるのだけれど、ワタシんちにはAPS-Cカメラがない!(爆)。



スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : タムロン 16-300mm B016


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ