つづいて キヤノン EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM ほかも購入





今日から東京入り。撮影のオシゴトのためなのだが、今日は移動日。
月曜日はほとんどの美術館が定休日なので行くところがない。で、以前行き慣れた中野のフジヤカメラ、新宿のヨドバシカメラ、マップカメラあたりを徘徊(笑)。

目立ったのは EF 35mm F1.4L USM の中古がフジヤカメラでもマップカメラでも溢れていたこと。同レンズは現役レンズだが、発売年が1998年と古く、シグマ 35mm F1.4 DG HSM Art に取って代わられたのだろうと推測。
シグマは 50mm F1.4 DG HSM Art も発売しており、今後の動向が注目される。

マップカメラでは EF 200-400mm F4L IS USM Extender 1.4X の中古(1,048,600円)が1本置いてあり、一瞬、目が釘付けになったが、隣に置いてあった EF 400mm F4 DO IS USM がずいぶん小さく見えた(笑)。

あと、FD 300mm F2.8 S.S.C.フローライトも置いてあり、懐かしく感じた(35,8000円)。グリーンのラインがカッチョイイ!


それはさておき、マップカメラでは キヤノン EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STMフード EW-73C、67mmプロテクションフィルター、さらに EOS 70D 用バッテリーチャージャーLC-E6 をまとめて購入。

EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM は6月上旬発売ということで、画質の評判が良いようなので購入するつもりだったが、具体的に日付の案内なしに発売されていて、ネット通販で買うよりも東京で直接購入したほうが手っ取り早いということで。




本体サイズは φ74.6mm×72mm、240g。タムロン 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO(B016)はφ75mm×99.5mm、540g なので、大きさ(長さ)は約72% 程度、重量は実に約44% となっている。

鏡筒はプラボディのようだが、梨地処理が施されており、見た目は結構高級感がある。ズームリングは重くも軽くもないちょうどいいトルク。ピントリングはやや軽い気がするがスカスカではなく滑らかな動きで好ましい。ただ、距離目盛りがないのは目測による撮影ができないので残念ではある。





マウント部は金属ではなくプラマウント。長期間使用すると摩耗しそうな気がしないでもないけれど、大丈夫なのだろうか。





このレンズとタムロンのレンズで、10mm(フルサイズ換算16mm)から300mm(同480mm)までを一応カバーできる。2本とも暗いレンズだけれど、コンパクトなのが良い。明るいレンズが必要であれば、フルサイズ用 EFレンズを使えばいい。本当はAPS-C用の魚眼レンズも欲しいところだけれど、シグマ 10mm F2.8 EX DC Diagonal Fisheye はあまりコンパクトではなく、購買意欲が湧かない(笑)。所有しているパナ8mm F3.5はメチャ コンパクトなだけに・・・。




 



スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン EF-S10-18mm


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ