YONEX OPEN JAPAN 2014 撮影後記(3)

ヨネックスオープンジャパン2014では、6日間のハードな日程をこなし、若干の問題はあったものの、無事仕事を終えたという充実感を持って三重に戻った。
・・・のだが、依頼主からある選手の画像を選んで送ってほしいと言われてピックアップ使用と思ったら・・・データがない! 準決勝の前半のデータが丸ごとハードディスクに入っていないのだ(泣)。

今までの撮影では、撮影データはすべてハードディスクに保存してからピックアップ作業をするのだが、今回は撮影したCFカードをPCに接続し、直接ピックアップ作業をして、必要なデータだけとりあえずPC本体に加工・保存してSNSにアップロード。ハードディスクへ保存するのに時間がかかるからだ。
なので、後ほどホテルでCFカードデータをハードディスクに保存するというルーティーンにしていたのだが、手違いでハードディスクにコピーしていないカードを初期化してしまったようだ。

普段、ハードディスクへのコピー終了を確認しないでCFカードを初期化するなんてことはないのだが、なぜ今回はこのようになったのか・・・。
フォルダを間違えて保存したのかもと思ったが、どこを探しても該当画像のファイルが見つからないので、コピーしていなかったのだろう。

あとは初期化したCFカードの復旧に望みを託すのみ!






以前、2TBのハードディスクをクラッシュしてしまったときに『データレスキュー II 』というソフトを使ってある程度復旧したことがあるので、今回もそれを使用。ところが、どういうわけか何度試みても途中で作業が止まってしまう。
仕方ないので Mac App Store で無料のソフトをダウンロードしたが上手くいかず、それを2,000円でアップグレードしてもやはり同じ。5,800円のソフトをダウンロードしてもやはり同じ。そして『データレスキュー ライト』という9,800円のソフトをダウンロードしたものの、CFカードの認識さえしなかった!
ほとんどカネをドブに捨てたようで、泣きっ面に蜂とはこのことかと思った。

一応、『データレスキュー ライト』のサポート係にCFカードの認識をしない旨をメールしたところ、「『データレスキュー3』に無償アップグレードしてもう1度試してみてほしい」旨のメールが返信されたので、試してみたところ、見事に画像が復帰! ファイル名は全く別のものになったものの、画像そのものはもとより、Adobe Bridge のCamera Raw で作業した内容までキッチリ再現されていて感激! 全画像を復旧することができた。

なお、CFカードは翌日撮影に使うので、撮影データが上書きされるのだが、使っていないカードを次に使うようにしていたので、たまたま必要な画像が記録されたCFカードは上書きされていなかったということがラッキーだった。

結局、2,000円+5,800円+9,800円=17,600円という痛い出費になったものの、データ復旧できたということで気分が晴れた。もしこれで復旧できなかったとしたら、1カ月は引きずっただろう(笑)。







スポンサーサイト

テーマ : パソコン
ジャンル : コンピュータ

tag : バドミントン ヨネックスオープンジャパン


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ