スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『CAPA』2014年08月号

CAPA (キャパ) 2014年 08月号 [雑誌]CAPA (キャパ) 2014年 08月号 [雑誌]
(2014/07/19)
不明

商品詳細を見る



『CAPA』2014年08月号

表紙&裏表紙のモデルは生方ななえサン。全く存じ上げないが、ミラノコレクションに出演するなど、本当のモデルさんのようで。


「無敵画質 ニコンD810登場」
各誌今月号のメイン記事はやはりコレ。D800/D800Eからの変更点を中心に解説。
三好和義氏による石垣島での作例もあり。


つづいて「ニコン vs キヤノン レンズ頂上決戦!!」
ニコンレンズの紹介では、大三元ズームのほか、単焦点ではF1.4ではなくF1.8の法を紹介しているところが面白い。軽いし安いし画質も悪くないので、見栄さえ張らなければ確かによい選択だと思う。
Aiニッコール45mm F2.8PとかAiニッコール105mmF2.5Sなどオールドニッコールも紹介。
キヤノンではIS付きワイド単焦点以外は小三元ズーム、大三元ズームなどのLレンズばかり紹介。ちょっと面白みに欠けたチョイス。

「新旧ライバルレンズ 五番勝負!」
一番・二番はオールドレンズ。
一番勝負はズームニッコール Auto 43-86mm F3.5(1963年)、Aiズームニッコール35-70mm F3.5(1973年)とキヤノン FD 35-70mm F2.8-3.5 S.S.C.(1973年)は懐かしい。
二番勝負はAiノクトニッコール58mm F1.2S(1977年)とFD 55mm F1.2 アスフェリカル。
三番勝負は現行50mmF1.8。ニコンは2011年にリニューアルしているが、キヤノンは1990年以来のロングセラー。実売1万円を切ってますからなぁ。
四番勝負は手ブレ補正内蔵中望遠マクロ。
五番勝負は大口径超望遠レンズ。
ま、「勝負」と言っても両者を紹介しただけで優劣評価はしていないのだけれど。


「期待の新型 イチガン予報」
キヤノン EOS 7D X、ニコンD7200、Dm、ペンタックス645M、ソニーα99R、パナソニック LUMIX X、富士フイルム X-Pro 2(名称はいずれも編集部による仮称)を予想。

キヤノン EOS 7D X については1DXと同等の61点レクティルAFと予想しているが、フルサイズ用のAFユニットがAPS-Cのボディに収まるとは思えないが、どうだろう。噂サイトではフォトキナ前に発表されるだろうとされているので秒読み状態なのだろうけれど。
それよりも3,000万画素超の高画質カメラ(EOS 3D?)のウワサが最近さっぱり出てこず、残念でならない。

ペンタックス645Mは645Zのミラーレス版ということだが、ミラーショックがなくなることと、コンパクトになること、コストも下がるであろうことを考えると、なかなか面白いアイデアだ。ただ、645Zが出たばかりなので、仮に開発していたとしても発表・発売はまだまだ先のことだろう。

パナソニック LUMIX X はフルサイズセンサーのミラーレスでライカMマウント互換でAFレンズ用マウントを配したダブルマウントという予想。
正直なところ、マイクロフォーサーズである程度レンズが揃った一方、これからフルサイズ用レンズを用意するなんてことをするとは思えない。
ライカMレンズを使用したければ、本家ライカを使用するか、ソニーα7にマウントアダプターをかませばいいわけだから、あえてこれから新システムを用意するのは無謀としか思えない。

ま、色々書いたけれど、暇つぶしの読み物として。


「“ギラリ” と輝く真夏の爽快写真を撮る」
鉄道・ポートレート・風景などで夏のギラギラ光線を活かす写真の撮り方を紹介。ご参考に。


「ワールドカップ ブラジル大会 特別ギャラリー」
ネイマールやメッシなどを撮影した作例写真も興味深いが、会場のカメラマン席には電源・LANが完備されているというのにビックリ! LANケーブルをカメラに直結して撮影し、自国のエディターデスクにすぐ送信するカメラマンもいるようで。


「報道カメラマンの現場 1」
今回からの新シリーズのようで、2013年に三浦雄一郎さんがエベレスト頂上を目指したときに同行取材した産經新聞の早坂洋祐氏を紹介。
使用機材はキヤノン EOS 6D に EF 8-15mm F4L フィッシュアイ USMほか、キヤノン製品いろいろ。山登りでフルサイズながら軽い 6D をチョイスするのはわかるけれど(実際は6Dを2代と5D3を1台、レンズは8本をエベレスト取材で使用したようだ)、エベレストが6DでOKなら、1DXや5D3はもう要らないことになってしまわないか・・・(笑)。
それにしても、この企画、キヤノンの記事広告臭いなぁ。次号でニコンが取り上げられていたら違うということだろうけど、3回続いたら記事広告(笑)。
それはともかく、内容はなかなかヨイ。


「大人の2014年夏 カメラ自由研究」
課題1 本格マクロ撮影を “手軽” に楽しむには?
課題2 全天球パノラマ撮影を活用するには?
課題3 コンデジの “超” 望遠モデルは戦力になるのだろうか?
と、一眼レフではないカメラの活用を紹介。


『CAPA』8月号はこんなところで。






スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌

tag : CAPA


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。