2014.08.07 「再春館製薬所、ルネサスを引き受け 女子バドミントン」について

2013年3月にパナソニックがバドミントン部を事実上の廃部にして、次はルネサス。日本のバドミントン界にとって、大きなニュースだ。ただ、パナソニックの場合は選手が散り散りに別のチームに移籍したのに対し、今回はチーム丸ごとがルネサスの地元/熊本にある再春館製薬所に移籍できたことが喜ばしい。

パナソニックの件では、同社内で他にもクラブチームがある中でバスケットボール部とバドミントン部が廃部となり、野球部、バレーボール部、ラグビー部は存続。この存廃の区切り方に当時疑問を感じたものだ。

同時期、ルネサスも経営状態は悪かったものの、フジカキペアがロンドン五輪で銀メダルを取っているし、スエマエもオリンピック出場を果たしている。このような実績が当時から今までバドミントン部存続の方向に働いたものと思われる。

なお、今季はルネサスチームとして活動し、再春館製薬所としての活動は来春からのようである。

今後は試合会場でドモホルンリンクルの試供品を配ったりしないのだろうか?(爆)。



関連記事:
再春館製薬所、ルネサスを引き受け 女子バドミントン(朝日新聞デジタル)
バドミントンの強豪ルネサス、再春館製薬所に部を譲渡(日本経済新聞社)
フジカキら輩出…ルネサス、再春館製薬所にバドミントン部譲渡(スポニチ)
再春館製薬が会見 ルネサスの選手「感謝の気持ちでいっぱい」
スポンサーサイト

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ