『英国一家、日本を食べる』(マイケル・ブース/亜紀書房)

英国一家、日本を食べる(亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)英国一家、日本を食べる(亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)
(2013/04/09)
マイケル・ブース

商品詳細を見る



『英国一家、日本を食べる』(マイケル・ブース/亜紀書房/1,900円+税)。


イギリスのトラベルジャーナリスト・フードジャーナリストが妻と子ども2人を連れて日本に3カ月滞在したときの食のレポート。東京、札幌、京都、大阪、福岡、沖縄と、日本の主要な地域を旅しながらレポートしている。
ブース氏はパリの有名料理学校『ル・コルドン・ブルー』で1年間修行しており、日本食に対する造詣も(ひょっとすると日本人よりも)深い。
ブース氏は『ル・コルドン・ブルー』で修業時代に知り合ったトシから辻静雄の『Japanese Cooking : A Simple Art』(講談社インターナショナル)を渡され、それをバイブルにしている。

いちフードライターの日本食レポートかと思いきや、フジテレビの『ビストロSMAP』の撮影現場を見たり、大相撲の尾上部屋のちゃんこを食べたり、服部栄養専門学校を訪問して服部幸應氏と会食したり、辻調理師専門学校を訪問して辻芳樹氏と会食するなど、普通の日本人では体験できないレポートもあり、興味深かった。
また、北海道では昆布の収穫を取材したり、京都で日本酒の酒蔵を訪れるなど、日本料理の根幹に迫るレポートもある(もちろん、ふらっと入ったお好み焼き屋のレポートや、事前調査して入ったクジラ料理の店のレポートなどもある)。

氏は日本料理が世界で認められ始めていることを認識する一方、日本国内では日本料理というか、日本人の食文化が衰退してきていることも認識しており、考えさせられる部分があった。そういう意味では、料理屋の料理レポートだけでなく、日本人の普段の食事のレポートも欲しかったところではある。

総合的には、外国人が見た/食べた日本食という視点でのレポートなので、ワタシたちが普段食べているものに対しても新たな見方を提示されていて、全編なかなか面白い。

ワタシ的には(こーゆーのが好きな方には)オススメの一冊デス。





スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ