『CAPA』2014年12月号

CAPA (キャパ) 2014年 12月号 [雑誌]CAPA (キャパ) 2014年 12月号 [雑誌]
(2014/11/20)
不明

商品詳細を見る



『CAPA』2014年12月号


表紙&裏表紙柳ゆり菜さん。
NHK朝の連続小説『マッサン』でポスターモデルのみどり役の出演で問い合わせが殺到したそうで。

公式サイト:柳ゆり菜 オフィシャルウェブサイト


特別付録『高砂淳二 2015 カレンダー BREATH of EARTH』
他誌よりひと月早い付録カレンダー。見開き1カ月カレンダーに加え、見開き6カ月のデスクトップカレンダー付き。
世界各地の風景が撮影されており、なかなかの見応え。末尾に撮影地の簡単な解説つき。
さらに各ページにはニコンのロゴがあり、末尾にはニコンの主要レンズが一覧されていて、ニコンの全面協力がうかがえる。
ちなみに『CAPA』1月号にはキヤノン全面協力のカレンダーが付録になるようで、バランスを取っています(笑)。


総力特集「ココで決める! 2014年末「カメラ・機材」完全購入ガイド」
12月のボーナスを当てにしていろいろ機材購入の夢を抱くご仁も多いだろうが、そういう方々のための企画。
Part 1ではカメラ、Part 2 ではレンズ、Part 3 ではアクセサリー&写真用品(プリンター、記録メディア、モニター、三脚、フィルター、ストロボ、レタッチソフト)の紹介。
ご参考に。


「絵ゴコロで描くイルミネーション」
女子が好きそうな作例がたくさん並んでいるが、前ボケ・後ボケの処理や多重露出、露光間アウトフォーカスという技術について解説している。


「報道カメラマンの現場 5」。今回は読売新聞東京本社 編集局写真部 竹津田淳史氏
キヤノンお抱えと思われるシリーズ記事。ワタシはいつも楽しみにしている。
同社写真部のカメラマンはあらゆる被写体を撮影するそうだが、空撮も全員がこなすとのこと。交代で月に数日、羽田空港にある航空部に詰めるとのこと。羽田には小型機とヘリがあり、操縦士も読売の社員だという。
各社ヘリが集中するようなケースでは順番で時計回りに回るルールがあり、タイミングを外すといい写真が撮れないとか、急旋回する時にはGがかかり、超望遠レンズを持ち上げることができず取り逃がすこともあるという。
また、撮った画像は機内でノートPCを操作して転送するとのことで、乗り物酔いしやすい人には無理な仕事のようで(笑)。
ちなみに撮影機材では EF 200-400mm F4L IS USM Extender 1.4X を大きく取り上げている。


「伊達淳一のレンズパラダイス」。今回はシグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sportsタムロン 150-600mm F5-6.3 Di VC USD の比較。
値段が倍ぐらいの差なので、シグマが勝つのが当たり前なのだろうが、実際はさほどの差がなく、望遠端でシグマのほうが色収差が少ない程度のようだ。すでにタムロンを購入したご仁にはほっとする記事かな?(笑)。まぁ、シグマのほうは防塵防滴処理など、プロ仕様のスペックなので、単純比較はできないが。



『CAPA』12月号はこんなところで。




スポーツ - フィットネス・トレーニング



スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ