CAPA 特別編集『キヤノン EOS 7D Mark II スーパーブック』

キヤノンEOS7DMarkIIスーパーブック (Gakken Camera Mook)キヤノンEOS7DMarkIIスーパーブック (Gakken Camera Mook)
(2014/09/27)
CAPA編集部

商品詳細を見る



遅ればせながら、CAPA 特別編集『キヤノン EOS 7D Mark II スーパーブック』(学研/2,000円+税)を購入。

9月末には同様のムック数冊が発売になっており、現在は5社ほどから発売されているようだが、田舎のウチの近所の本屋では本書しか置いておらず(悲)、比較できないので買うのをためらっていた。
先日、ようやくインプレス(デジタルカメラマガジン特別編集)のものが置かれていたので、比較した上でこちらを購入。インプレスのほうはインタビュー記事がなかなか読み応えがあったのだが、デジカメWatchの記事でも同じものを読むことができるし、読みづらいレイアウトのページがあったので、CAPAのほうを購入した次第。

ところで、キヤノンが7D2のために用意した7種類のカタログのうち、総合版を除くとそのジャンルはスポーツ、モータースポーツ、鉄道、飛行機、動物、野鳥となっているが、本書の作例では野鳥がない代わりに舞台、ポートレート、スナップが追加されている。
まぁ、ポートレート、スナップは妥当だと思うが、舞台は高感度に強いフルサイズカメラ(1DX、5D3、6D)のほうが向いているように思うが、どうなのだろう。ただ、シャッター音はかなり小さいほうで、さらに静音モードもあることを考えると、余計な音が小さいという点では舞台撮影に向いているか。

当然のことながら、主な特長や機能、アクセサリー類は一通り紹介しているが、充実しているのが各種設定。
ハイアマチュア以上のユーザーにとって、いかにカメラの設定を自分好み(あるいは撮影シーン)にカスタマイズできるかが重要なポイントだ。
他誌と比較したわけではないが、CAPA 特別編集のこの本は、この点において充実しているように感じる。

また、独自にファインダーのブラックアウト時間を特殊機器を用いて測定しており、7Dでは0.075秒、70Dの0.07秒に対して7D2は0.06秒であるとしている(EF 50mm F1.4、1/1000秒でのテスト)。
同じく、絞りの違いによる連写枚数についても測定しており、F1.4では秒10コマ、F5.6では秒9コマ、F16では秒7コマという結果(EF 50mm F1.4、1/1000秒でのテスト)。
これらはキヤノンが公式に発表していないだけに、非常に興味深く、有用な情報だ。


こんな感じで、7D2オーナーの方は購入してソンはないように思う。





   



スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ