『CAPA』2015年01月号

CAPA (キャパ) 2015年 01月号 [雑誌]CAPA (キャパ) 2015年 01月号 [雑誌]
(2014/12/19)
㈱学習研究社

商品詳細を見る



『CAPA』2015年01月号


別冊付録『2015鶴巻育子カレンダー ON The STREET CORNER』
前月のニコンサポートのカレンダーに対して今月はキヤノンサポート(笑)。
使用カメラは5D3、M2。レンズはEFレンズ、EF-Mレンズ各種。
中には8-15mmフィッシュアイも含まれていて、キヤノンから「このレンズで撮ってね!」と頼まれたんでしょうなぁ(笑)。でないと普通使わんもんなぁ、こんなレンズ。しかも作例は全周魚眼。


表紙&裏表紙益若つばさサン。
いつも思うのだけれど、CAPA表紙モデルの選定は難しいのでしょうなぁ。手に持つカメラのメーカーに関係あれば問題ないだろうけれど、ライバルメーカーだとNG。さらに裏表紙では東芝のメモリーカードを持つことになるので、東芝のライバルメーカーのCMなどに出ているモデルもNG。


巻頭特集「「冬の煌めき」風景写真」
22ページの大特集だが、ワタシ的にはキョーミなし(失礼!)。
特集の最後に防寒ウェア、防寒グッズの紹介があるのだけれど、2万円台の防寒ジャケットが紹介されている中、Foxfireのものは18万円超! 結構するもんですなぁ。まぁ、カメラも数千円のものから百万円超のものまで色々あるので驚くことではないのかもしれないけれど。


「航空写真家 中野耕志のスーパー “エア写” 塾」
これまたキョーミなしの記事だけれど、ご参考に。


「報道カメラマンの現場6 産經新聞 大阪本社 写真報道局 サンケイスポーツ 鳥越瑞絵さん」
ワタシの好きな記事だが、今回はスポーツカメラマン。記事ではフィギュアスケートの羽生弓弦選手の作例が取り上げられている。
使用機材はヨンニッパに大三元ズームと、スポーツカメラマンの標準仕様(笑)。


「今年は “本気で” 当てにいきます! 2015年 新型カメラ大予言」
伊達淳一氏と増田賢一氏が各メーカーの新型カメラを予測。『カメラマン』誌も同じ企画をしてますが(笑)。
キヤノンに関して言えば、『カメラマン』誌が超高画素機を予想(熱望?)しているのに対し、こちらでは期待をするものの発売を予想していない。
一方、ミドルクラスではバリアングル&タッチパネルの 6D Mark II、70Dの後継機 80D を予測しているけれど、そんなにポンポン新製品を出せるだろうか?
EOS M3 の予想はまぁ妥当なところかな。
記事ではもちろんほかにニコン、ソニー、パナソニック、オリンパス、富士フイルム、ペンタックス、シグマについても予想している。
全体的にはタイトル通り、荒唐無稽な予想がなくなったので面白みはナイ(笑)。
あとはどれぐらい予想が当たるかだ。


「第30回 CAPA レンズ大賞 2014年 本選ノミネートレンズ発表」
記事冒頭の説明では「2014年1月1日から12月31日までに発売された…」とあるが、先ほど発表されたタムロン SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD(Model A012)は含まれていない。このレンズは12月25日発売なのだが、2015年分に回されるのかな?(笑)。
それはともかく、発売された47本のうち、ノミネートされたのはつぎの9本。
● シグマ 50mm F1.4 DG HSM
● オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
● タムロン 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO
● キヤノン EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
● キヤノン EF 16-35mm F4L IS USM
● 富士フイルム XF 56mm F1.2 R APD
● ソニー バリオテッサー T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
● パナソニック ライカ DG ノクチクロン 42.5mm F1.2 ASPH./POWER O.I.S.
● タムロン SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD

ちなみに選考委員は馬場信幸、森脇章彦、伊達淳一、増田賢一、鹿野貴司の5氏。
各氏5本ずつレンズを選んでいて、それを見ると各社のレンズを選んでいて特に問題はないのだけれど、その中から各氏1本「特選」レンズを選んでおり、馬場氏はソニー16-35mm、森脇氏はパナソニック ライカ42.5mm。両氏ともそれぞれのメーカーとの繫がりが強く、ちょっとどうかなと思う。
ワタシが選ぶとすれば、選考委員のうち4氏が推薦しているシグマ 50mm F1.4 DG HSM。標準レンズを刷新した開放からシャープなレンズ。
次点はタムロン 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO。画質はイマイチだけれど、便利ズームとして焦点距離を伸ばし、他社の出さないスペックを実現。
なお、レンズ大賞の発表は3月号にて。



『CAPA』2015年01月号はこんなところで。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

雑誌評価をいつも楽しみに見ています。

馬場さんって、ソニーに近い人だと思うけど、単なるボケ味マニアなんだと思います。
去年はソニーユーザ待望の50mmF1.4ZA SSMが発売されましたが、
馬場さんは、ペンタックスHD70F2.4に第1票を入れて、後は18-35F1.8/16-70/12-40F2.8/12-28でした。
50mmF1.4ZA SSMは一票も入らず圏外。
馬場さんが気に入らないレンズをソニーが出すことに不思議さを感じました。

今回の投票見ると、馬場さんはソニーの50mmF1.4ZA SSMは気に入らなかったけどシグマの50mmは気に入ったんでしょうね。

Re: No title

おーくてぃ様

いつもご覧いただいているようで、ありがとうございます。
馬場氏がボケ味マニアなのは毎月の記事を見ていれば明らかですね。コメントを読むとシグマ50mmかソニーかで迷ったようですが、ソニーを特選にしたのが純粋に1番と思ったのか、別の思いがあったのかはわかりません。
ただ、メーカーの息のかかった人が選考委員をすること自体に問題があるのではないかと思うわけです。
とはいえ、馬場氏も森脇氏もCAPAで永年活躍されている方々なので、選考委員からはずすというのも難しいことでしょうし。
ま、ワタシのコメントは読者の中にはそのように取る人もいると言いたかったのであります。
プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ