2014.12.26 東京出張のついでにキヤノンプラザSで新製品をいじってきました!



12月27・28日はバドミントン日本リーグ東京大会(最終戦)。そのために今日、東京に前日入りした。
まるで予定は立てていなかったのだけれど、品川駅で途中下車してキヤノンプラザSへ。新製品でもいじろうかと。





入ってすぐのところに7D2とEF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USMのセットが。
手に取ってみると、予想通りの重量感。操作感も悪くない。ズームすると白い鏡筒が飛び出してくるのに少し違和感を感じるが(笑)。
旧モデルは直進ズームだったが、本レンズは回転ズーム。ただ、調整リングでズームトルクを緩めると、フードやレンズ先端を動かすと直進ズームのように動かせる。シグマは150-600mmで同様のことを謳っているが、キヤノンでは謳っていない。このように動かすとズーム機構に負担がかかるため、あくまでズームリングでズーミングしてほしいとスタッフの方に言われた(まぁ、このレンズは買わないけれど。笑)。

キヤノンのサイト:キヤノン:EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 特長紹介





その隣にあった、EF 400mm F4 DO IS II USM
DOレンズを使用することにより驚異的なコンパクトさを誇った旧作は、逆光時のフレアがひどいとネットで叩かれて、売れ行きはイマイチだったように思う。で、本製品はフレア対策を徹底して、さらに描写も一段上げている。
1,940gの旧作に比べて2,100gと少々重くなったが、それでも十分軽さを感じる。ピントリングも滑らか。
ただ、ズームもつかずに希望小売価格899,000円(税別)という価格はちょっと・・・。常識的にはもう少しカネを貯めてヨンニッパ2か200-400/4L IS エクステンダー1.4X を買うのでは?

キヤノンのサイト:EF400mm F4 DO IS II USM 特長紹介





最後に EF-S 24mm F2.8 STM
ワタシのバッテリーグリップ付き7D2に取り付けさせてもらって試写。
このカメラのセットにはアンバランスなコンパクトさ(笑)。AFは滑らかでフルタイムマニュアルフォーカスも可能。マニュアルフォーカスの場合、ピントリングはちょっと軽すぎる気がするが。
WEBでの評価は非常に高いが、画面周辺での点光源のボケではコマ収差が見受けられる。とはいえ、ボケかたは素直な印象。
キヤノンのAPS-Cカメラユーザーにはオススメかもしれないが、できればフルサイズ対応で出してほしかったなぁ、と。

キヤノンのサイト:EF-S24mm F2.8 STM 特長紹介



あとは男性スタッフにいろいろと好き勝手な要望を伝えて(笑)、ショールームを出た。



  



スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ