2014.12.28 バドミントン日本リーグ東京大会 最終戦で機材トラブル!

前回のブログでちらっと書いたのだが、撮影中に機材トラブルが!

あるチームの試合が終了し別のチームとの入れ替えになるとき、ワタシは2階席の撮影からアリーナへ移ろうとしていたのだが、階段では観客の移動が激しく、立ち往生状態。そのときワタシはカメラ1台を手に持ち、三脚座で一脚に取り付けたシグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM を肩に乗せている状態だった。

突然、ゴンという音とともに肩が軽くなったと思った次の瞬間、ガシャン!という音がっ!!!
120-300mmに誰かが当たり、三脚座から抜け落ちて床に落ちてしまったのだ。さらに次の瞬間「痛ぁい!」の声。どうやら観客の女性の靴の上に落ちてしまったようだ。女性はしゃがんで「痛い、痛い」と言うので、「大丈夫ですか? 歩けますか?」と訪ねたところ、なんとか歩けるようだった。
一方のレンズの方は、華奢なプラスチックフードはぱっくり割れてしまっていた。レンズ本体が破損して中のレンズが周りに砕け散っていたら、掃除もしなければならないだろうから撮影どころではなくなってしまうところだったが、奇跡的に無傷。たぶんフードのほうから女性の靴に落下して割れ、それがクッションになったようだ。
普通、肩の高さからコンクリートの床に落ちたら・・・想像するだに恐ろしい。そう思えば、不幸中の幸いというか、やはり奇跡だったのかもしれない。





プレスルームに戻ってレンズの動作を確認すると、AFの正常に動くし、ピントも問題ない。さすがにフードはもう使えない状態なので席に残したが、その後も120-300mmでガンガン撮影することができた。

レンズが落ちた原因は、カメラを外していたことと、しかも縦位置/横位置の切り替えのために三脚座を緩めていたこと。まさか誰かが当たったショックで床に落下するとは・・・。今後は気をつけなければ。

華奢で安っぽいフードは買い替えなければならないが、希望小売価格12,000円(税別)と高額。ちょっと不愉快ではあるけれど、レンズ本体が破損したことを思えば安いもの。むしろプラスチック製の安っぽいフードだったからこそショックを和らげてくれたのかもしれない。これが新型120-300mmの金属製フードだったら、落下のショックが直接レンズ本体に伝わってレンズが破損したかもしれない。

だからむしろ安っぽいフードで良かったと思いたい(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ