ワタシの『物欲10大ニュース2014』

大晦日恒例の『物欲10大ニュース』、2014年度版! カウントダウン、いってみよぉ〜!!



選外 iPad mini Retina Display 128GB

選外の割に大物(笑)。

10月下旬に購入したものの、正直なところあまり活躍していない・・・。ワタシの自宅内のWi-Fi環境があまりよろしくないことが大きな理由かな? もう少し使用期間が長ければ、ランクアップがあったかも(ないかも。笑)。

● リンク⇒今さらながら(今だからこそ)iPad mini Retina Display を購入!(10月22日)




選外 シグマ 85mm F1.4 EX DG HSM

選外の割に大物パート2(爆)。

11月末に購入したばかりで、実践投入は1回のみ。その1回も使用カメラが1DXから7D2に移行したため85mmの使用頻度は余りなかった。今後、バドミントン撮影のメインカメラが7D2になると、50mmの出番はあるかもしれないが85mmの出番はあまりないかも。
また、50mm F1.4 DG HSM に比べると高級感に欠けるところも残念。

● リンク⇒50mmより短くて軽い!(笑) シグマ 85mm F1.4 EX DG HSM(11月25日)




選外 キヤノン EF-S 10-18mmF4.5-5.6 IS STM

70D 用超広角ズームとして購入。正直なところ、それほど使い込んでいるわけではないけれど、画質はまぁまぁ悪くないし、安くてコンパクトなところがヨイ。

● リンク⇒つづいて キヤノン EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM ほかも購入(6月9日)




第10位 キヤノン EOS 70D

1D4が1DXの故障時の予備カメラとなってしまい稼働していなかったので、下取りして購入したのがコレ。
バリアングル液晶で新たなアングルの写真が撮れるかと思ったが、思ったよりもバリアングル液晶の使用頻度は多くなかった。
カメラのデザインは気に入っていたのだが、マルチセレクターの操作感が悪く、特にバッテリーグリップを使用しての縦位置撮影ではサイアク。
結局、7D2の購入時に下取りしたので、わずか5カ月の命だった。

● リンク⇒ワタシがキヤノン EOS 70Dを選んだ3つの理由(6月1日)




第9位 Y! カーナビ&カーナビ用グッズ

クルマ搭載のカーナビが古くて使いづらいために導入。
11月の和歌山出張で使用したのみだが、無料アプリの割には使い勝手もよく、大活躍してくれた。100点満点とはとても言えないけれど、無料であることを考えれば十分納得。

● リンク⇒iPhone をカーナビに! 『Y!カーナビ』、Mountek nGroove Snap 2、シガーソケットカーチャージャー(11月23日)




第8位 米CustomSLR社 C-Loop回転ストラップマウントシステム

カメラストラップ取り付けの新しい提案をした商品。通常のストラップリングにストラップを通すと、縦位置撮影などでファインダーをストラップが隠すことがあり、イライラすることがあったが、カメラの三脚ネジ穴を利用する C-Loop では、そのような不便がない。
もっとも、見た目に違和感があるとか、カメラを置いた時に安定しないなど、パーフェクトではないのだけれど。

● リンク⇒カメラとレンズは『C-Loop』でぶら下げる(9月18日)




第7位 ニッシンストロボ MG8000 Extreme

連続発光に特化した大光量クリップオンストロボ。同社のDi700も持ってはいるが、連続発光に特化していることに惹かれて購入。
純正ストロボに比べて操作感は劣るものの、多機能だしそこそこ使いやすい。ただ、発光部の廃熱対策としてディフューザーはフラットではないかぶせ式のものとなり、収納時にかさばるのが難点。

● リンク⇒連続発光1,000回! ニッシンストロボ MG8000 EXTREME を買っちゃいました!(10月17日)



第6位 キヤノン EF 16-35mm F4L IS USM

EF 16-35mm F2.8L USM( I 型)の周辺画質がひどいので購入した1本。
キヤノンが謳う通り、周辺画質は非常にヨイ。ISも搭載されて一般用途としてはオススメのレンズ。
ただ、室内スポーツとしてはF2.8の明るさが欲しいところなので、この用途としては EF 16-35mm F2.8L USM( I 型)のほうを取ってしまう。
使用頻度が低いので、ランクがちょっと下がってしまった。

● リンク⇒キヤノン EF 16-35mm F4L IS USM を買っちゃいました!(8月14日)




第5位 タムロン 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD

70D と同時購入した高倍率ズーム。
従来モデルに比べて広角側も望遠側も伸ばした意欲作で、PZDによるフォーカスは滑らか。自重落下がないこともヨイ。
ただし、画質はそれなりというか、期待はずれ。歪曲収差も目立つ(ソフトで補正できるので目くじらを立てるほどではないが)。
レンズ交換なしに広角から望遠まで一気にズームして撮影できるというのは大きなメリットで、用途は限定されるものの活躍してくれている。
また、APS-C用レンズながら、物理的にはフルサイズ用カメラにも装着できるので、1DXに装着して急場をしのいだことも。もちろんケラレあり (笑) 。

● リンク⇒ワタシがキヤノン EOS 70Dを選んだ3つの理由(6月1日)
● リンク⇒つづいてタムロン 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO のインプレ(6月3日)




第4位 バドミントンラケット『YONEX VOLTRIC i-FORCE』

5U(平均78g)という超軽量モデル。使用中のラケット2本が壊れたわけではないけれど、単純に5Uの軽さがどんなものなのか体験したかったので。
2番目のラケット『Ti ZERO TITANIUM MESH』(3U/平均88g)と比べると「気持ち軽いかな?」という程度だが、最初に購入したラケット『YONEX GR-619』(重量不明)と比べるとかなり軽い。
使用時は前半で『Ti ZERO TITANIUM MESH』を使用、後半『YONEX VOLTRIC i-FORCE』を使うようにしている。後半疲れてきても軽い分、疲れを軽減できるから(笑)。実際、『Ti ZERO TITANIUM MESH』よりもよく飛ぶような気がする。

● リンク⇒3本目のバドミントンラケット『YONEX VOLTRIC i-FORCE』(5月22日)
● リンク⇒バドミントンラケットが2本に。YONEX 『Ti ZERO TITANIUM MESH』(2010年6月22日)
● リンク⇒バドミントンラケット『YONEX GR-619』(2009年12月月28日)




第3位 シグマ 50mm F1.4 DG HSM Art

作り込みの良さと画質の良さに満足の1本。
バドミントン撮影のメインレンズは24-70mmと70-200mmなのだけれど、7D2がバドミントン撮影のメインカメラになるとすると、このレンズの使用頻度は今後増えるかも。

● リンク⇒ついポチってしまいました! シグマ 50mm F1.4 DG HSM Art(9月19日)




第2位 キヤノン EF 24-70mm F2.8L II USM

画質に関しては文句なしの1本。バドミントンのアリーナ撮影では欠かせない1本。
ただ、フィルター径が82mmになってしまったので、レンズキャップを他と共用できないのが残念。

● リンク⇒ついポチっとしてしまいました! キヤノン EF24-70mm F2.8L II USM(1月14日)




第1位 キヤノン EOS 7D Mark II

APS-C カメラは今まで眼中になかったのだけれど、このカメラのフリッカーレス撮影はスゴイ!
この機能だけで買う価値ありのカメラ。
高感度画質は圧倒的に1DXだと言いたいが、7D2では光源のピークで常に撮影できるので、その分感度を下げられ、思ったよりは良い画質で撮影することができる。
また、連写性能は1DXに劣るものの、AF性能はむしろ凌駕しているのでは? ファインダー内での相対的なAFエリアが広がって、特に縦位置撮影で隅のほうに被写体をフレーミングするとき便利になった。
買ってホントウに良かった。

● リンク⇒“発売されたばかりのアレ” が到着しました! キヤノン EOS 7D Mark II(11月5日)




こんな感じで、今年はほぼカメラとレンズばかり買っていた1年デシタ。



過去のエントリー:
ワタシの『物欲10大ニュース2013』
ワタシの『物欲10大ニュース2012』
『物欲10+3大ニュース2011』
ワタシの『物欲10大ニュース2010』
ワタシの『物欲10大ニュース2009』


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ