『COURRiER JAPON』2015年05月号 「「頭がいい人」の条件が変わった。」

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン)2015年 05 月号COURRiER Japon (クーリエ ジャポン)2015年 05 月号
(2015/03/25)
不明

商品詳細を見る


『COURRiER JAPON』2015年05月号

公式サイト:クーリエ・ジャポン



特集「「頭がいい人」の条件が変わった。」
ネットであらゆる情報が手に入り、コンピューターが人々の仕事を奪いつつある現在、「知識」を詰め込むより「考え方」を磨くことがこれからの時代には必要、ということでこの企画。

「特別対談 松尾豊(人工知能研究者) × 竹内薫(サイエンス作家)」では、松尾氏は「人工知能は支配者ではなく、むしろ古代ギリシャ時代の奴隷のような存在になるのではないかと思います。人工知能が社会のさまざまな実務を効率的にこなしてくれて、そのおかげで、人間は社会全体の運営を考えたり、思索を深めたりすることができるようになる……」と語っている。一部の人間に対しては当てはまるだろうが、70億人とされる人類全員がそのような立場になれるとは到底思えない。人工知能やロボットが人間の仕事を奪って、貧困層がより拡大するのではないだろうか? そして、貧困層が暴動を起こして無秩序な世界が広がるというシナリオが考えられなくもない。

「人工知能が人間を超えたとき、世界に何が起こるのか?」では、人工知能の発達による悲観的なシナリオを楽観的なシナリオと併せて紹介している。ちなみにここでは悲観論者として宇宙論学者のスティーブン・ホーキング氏、楽観論者としてグーグルのラリー・ペイジ氏のコメントが紹介されている。

「ロンドン大学教授が教える情報を「取捨選択」する技術」では、あふれかえる情報の中で我々が判断ミスをする要因を3つと、正しい判断をするためのアドバイス3つを紹介している。

その他、いろいろな「頭の良さ」に関する記事が盛りだくさん。
● これから必要になる「頭の良さ」とは何か?
● 世界はこんな人を求めている!
● 米国の大学が本気で取り組む「クリエイティブな人」を育てる授業
● プログラミングを習うよりも「プログラマーの思考」を学ぼう
● 変化が激しい時代に必要なのは「正しい問い」を立てる力だ
● あなたも「頭がいい人」になれる!
● 各界のトップランナー7人に聞いた「私が考える〝頭のいい人〞の条件」
● 最新版「脳のトリセツ」で能力を最大限まで発揮しよう!
● 本当に役立つのはどれ? 話題の「思考法」を解説します



「そのニュースが君の武器になる」
今回は3月9日に行なわれたアップルの新製品発表会を取り上げている。
この発表会の一番の目玉はアップルウオッチであり、次いでMacBook 12" というところだろうが、筆者の瀧本氏は「リサーチキット」というプロジェクトを取り上げている。これは、iPhoneユーザーから協力者を集め、医療データを取得し、大学や病院などの研究機関に送信するというものらしい。
瀧本氏はこのプロジェクトにはプライバシー保護、サンプルの代表性、虚偽データ混入のリスクなどがあることを示した上で、好意的に評価している。問題点はプロジェクトを進めていくうちに対処できるだろうとし、何よりも、通常では協力者1万人を得るためには50の医療センターの協力を得て1年ぐらいかかるところ、「リサーチキット」の発表以来、24時間で1万人を超えるユーザーが集まったことを評価している。



「世界が見たNIPPON」
● 英紙が考える〝捏造〞の背景とこれから 「STAP細胞」問題はまだ終わっていない
● 緊張高まる那覇基地の現場から 沖縄の自衛隊が直面する中国の「脅威」
● 部屋数はそのまま、でも広さは? アベノミクスが東京のマンションを変えた
● 初任給は日本よりも高いのに・・・ 「年功序列」をうらやむ韓国のサラリーマン



「WORLD NEWS HEADLINE」
面白かった記事は・・・
● 4ドルのコーヒー一杯にいくら払うべき? 米国社会で広がるチップの〝値上げ〞(米国)
● あの惨劇から2年、再びボストン・マラソンへ爆弾は私の左脚を奪ったけれど、「心」までは奪えなかった(米国)
● ISにもシリア政府にも屈しない! 戦火の町でラジオを配り、市民の命を守る男(シリア)
● ヨガ大臣、ヨガの日・・・ 政界も国連も巻き込む「ヨガ推し」進行中(インド)
● 大事な生徒を救うため先生が〝武装化〞した!(パキスタン)
● 税制変更で大紛糾! 過熱する年末調整問題(韓国)


「世界の「王室御用達」32の逸品」
イギリス、オランダ、ベルギー、デンマーク、スウェーデンの王室御用達アイテム32点を紹介。
ハンドバッグ1つが85万円とか腕時計1本24万円とか、高級品としては安価(?)なものが紹介されているが、英国王室御用達のG.B.KENTのヘアブラシは1本16万2,000円。ヘアブラシとしては立派なお値段ですな。
他にはジャムやチョコレートなど、1,000〜2,000円前後のものや、カフリンクス10,800円、シャンパングラス16,200円など、庶民でも手に届くアイテムも紹介されている。まぁ、欲しいと思うものはなかったけれど。
どうせなら、日本の皇室御用達アイテムをドーンと紹介してほしかったところだ。



『COURRiER JAPON』5月号はこんなところで。






スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ