「キヤノン EF 50mm F1.8 STM」の発表について



キヤノンが「EF50mm F1.8 STM」を5月下旬に発売すると発表した。希望小売価格は税別1万9,500円。
1990年12月に発売された「EF50mm F1.8 II」(税別希望小売価格1万2,000円)の後継モデルとなり、実に25年ぶりのリニューアル(笑)。
しかも「EF50mm F1.8 II」は現在でも月産7万本であるという。

キヤノンのリリース:ロングセラーの単焦点レンズをリニューアル“EF50mm F1.8 STM”を発売

キヤノンのサイト:EF50mm F1.8 STM仕様

キヤノンのサイト:EF50mm F1.8 II 製品仕様

デジカメWatchの記事:キヤノン、「50mm F1.8」を25年ぶりにリニューアル



主な変更点は次の通り。
● レンズ構成は変更なし。ただし、デジタルカメラでの撮影に最適化したコーティングを採用。
● 外装を最新のものにし、マウントを金属製に変更。
● STM(ステッピングモーター駆動)に変更。
● 絞り羽根は5枚から7枚の円形絞りに変更。
● ワンショットAF時にはフルタイムマニュアルフォーカスが可能になった。
● 最短撮影距離が0.45mから0.35mとなり、最大撮影倍率も0.15倍から0.21倍となった。
● フィルター径は52mmから49mmに変更。
● 質量は約130gから約160gと若干増加。

レンズ変更がないということは、それだけレンズ構成が完成されているということか。駆動方式から外装まで総とっかえしておいて、レンズ設計だけケチりましたということはあるまい(笑)。オーソドックスな5群6枚のガウスタイプで、開放ではやや甘いが絞るに従ってシャープになるといったところか。
シグマ 50mm F1.4 DG HSM が開放からシャープであるのとは違う描写だと思うが、それらはそれぞれの個性。
ピントリングに距離目盛りが表示されないのは残念ではあるが、標準レンズで置きピン撮影はしないだろうから大きな問題ではないだろう。
フルサイズカメラで標準レンズとなるほか、APS-Cカメラでは80mm相当の中望遠レンズとなり、ポートレートに最適。また、最大撮影倍率もアップして、テーブルフォトにも使いやすそうだ。

となると、マイナス点は従来モデルよりも高価になったことぐらいだが、スペックを考えると納得できるところか。

正直なところ、似たようなスペックの EF 40mm F2.8 STM にはさほど興味を持たなかったが、EF 50mm F1.8 STM は開放F値が1絞りあまり明るい分、ちょっと食指が動いてしまう。
すでに EF 50mm F1.0L USMシグマ 50mm F1.4 DG HSM を持っているので、どうしても50mmが必要ということはないのだが、EF50mm F1.8 STM はコンパクトなので、プラス1本をバッグの片隅に入れておけば、何かのときに使えるかも、ということで。

とはいえ、いろいろと買いたいモノはあるワケで、このレンズはワタシの中では優先順位が低くなってしまう。酔っぱらった勢いでポチッとしない限りは、購入のめどは立たない(爆)。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ