『ダン・S・ケネディの 世界一ずる賢い価格戦略』(ダイレクト出版)


『ダン・S・ケネディの 世界一ずる賢い価格戦略』(ダン・S・ケネディ&ジェイソン・マーズ/ダイレクト出版/3,800円+税)。



タイトルも表紙もちょっと胡散臭さを感じるけれど、「価格」というものに関して深掘りしたマーケティング指南書。

著者の基本的なスタンスは、「価格を気にしない相手と商売しろ」ということで、「値下げは自滅のための消耗戦である」としている。また、「無料」や「おまけ」は慎重にやり方を工夫しないとこれまた失敗するだろうとする一方、上手く使えば効果的だとしている。

著者は「価格を下げるのは自分の商品を平凡なものと思っているからだ」と言い、「商品や売り方を他と差別化することで、値下げ競争から回避することができる」としている。逆に言えば、差別化できなければ値下げ競争に巻き込まれざるを得ないということになるのだが。

著者は株主と経営者の最大利益が善だという考え方を持っていて、日本人で一般平民のワタシからすると快く思えない部分もあるのだが、本書の大まかな内容はサギとかズルではなく、真っ当な考え方であり、「価格」を中心に据えたマーケティングノウハウがたくさん紹介されていて非常にタメになる。

これは商品を販売するメーカーはもちろん、サービス業、個人事業主にも当てはまる。「価格」を値付けする立場にある人なら、一読の勝ちありと思いマス。



以下、本書の目次を紹介する。

Preface 価格、利益、力、富の関係
-この本を読めば億万長者も夢ではないワケ

Part1 世界一ずる賢い価格戦略(理論編)
Chapter1 価格戦略の落とし穴に落っこちるな
Chapter2 その値下げ、ほんとに必要?
Chapter3 その値下げ、見返りはある?
Chapter4 「無料」というガン細胞
Chapter5 さあ、無料との戦いに乗り出そう
Chapter6 「無料」で戦うときの3つのステップ
Chapter7 「ありふれた考え」を捨て去ろう
Chapter8「差別化」の持つ力
Chapter9 BtoBにおける価格戦争-最後に笑うのは誰?
Chapter10 価格と製品の鎖を断ち切る
Chapter11 「買わずして買っている」の持つ力
Chapter12 価格弾力性のヒミツに迫る
Chapter13 効果的な5つの価格提示メソッド
Chapter14 狙うはニッチとサブカルチャー
Chapter15 「連想の原理」が成功を生む
Chapter16 不況という落とし穴から抜け出すために

Part2 世界一ずる賢い価格戦略(実践編)
Chapter17 さあ、実際に値決めをしてみよう
Chapter18 前払い制のすすめ
Chapter19 悪徳まがいの儲け術-こんなのあり?
Chapter20 値下げ中毒社員に気をつけろ!
Chapter21 誰の意見を採用する?-価格戦略の4人の審判
Chapter22 不況下での価格戦略

Part3 世界一ずる賢い価格戦略(サンプル編)
Chapter 23効果的な広告サンプル
- マーズ夫婦に学ぶ、価格戦略の上手なアピール方法とは?



買ってみたいと思った方は、下記リンクからドーゾ。

ダイレクト出版のサイト:世界一ずる賢い価格戦略

スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ