キヤノン EOS 5Dsの各種設定




5Ds を購入して本格的に撮影したのはまだ2回だが、設定をいろいろイジって使い勝手が向上した。
というか、最近のデジタル一眼レフカメラは設定があまりにもたくさんあり過ぎるので、それをどう使いこなすかが撮影にも影響してくる。

そこで活用したいのが「MY MENU」

すでに1DX以前から搭載されているのだが、これまで一度も使ってこなかった(笑)。
メニュー項目タブはデフォルトで23個あり、設定変更ごとにこのタブを端から端まで移動させるのはイライラする。
そこで活用したいのが「MY MENU」。頻繁に操作する項目だけ登録すれば、最小限のタブ操作で目的の設定項目にアクセスすることができて非常に便利。

ちなみにワタシは「MY MENU」で3つのタブを作り、撮影関係で、AF関係、その他で各1ページ(?)を作った。

あまり「MY MENU」にたくさん登録すると、何のために「MY MENU」を作ったのか分からなくなるので、
1.頻繁に操作する設定で「操作ボタンのカスタマイズ」で割り当てできるものはなるべくそれに割り当てる。
2.「クイックメニュー」を活用する。
3.「MY MENU」に頻繁に操作する設定項目を登録する。
と、こんな優先順位で登録した。

「操作ボタンのカスタマイズ」では、「*」ボタンにAFを設定する、いわゆる親指AFにしているのは当然として、5Dsのみの機能であるクロップ撮影の切り替えは「M-Fn」ボタンに割り当てた。結構快適な操作感だが、今のところ現場でクロップ撮影は行なっていない(笑)。
「マルチコントローラー」はAFフレームのダイレクト選択に設定。

「クイックメニュー」は、標準のものとは別にカスタマイズもでき、実際に作ったのだが、標準のほうばかり使っている(笑)。頻繁に操作するのは「記録画質」と「ホワイトバランスの設定」、「ホワイトバランスの補正」。

あと、AFの細かい設定については、
「任意選択可能なAFフレーム」:「61点」ではなく「クロス測距点のみ」に設定したが、「15点」のほうが便利かも。
「AFフレーム任意選択時の循環」:「しない(端で突き当たり)」ではなく「する」に設定。左端から右端に移動させたいときに便利。ただ、うっかり移動させてしまって慌てることがあるので・・・
「測距時のAFフレーム表示」:全AFフレーム(常時表示)を選択。ちょっと表示が煩雑に見えてしまうものの、AFフレーム移動のミスがなくなった。



こんなところが最近の設定。まぁ、キヤノンのヘビーユーザーにとっては当たり前のことばかりかもしれないけれど(笑)。



スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ