デジカメ界のスピード狂 EOS-1D Mark II

EOS-1D Mark II



06/10/2005 00:06:00(他ブログからの引っ越しです)

 2004年8月31日に買ったこのカメラはアテネオリンピックでほとんどのカメラマンが使っていた(?)一眼デジカメ。EOS-1DとEOS-1Dsの不満を解決したバランスのとれたカメラだ。

 EOS-1Dの最大の欠点は何といっても画質だろう。どんなに他のスペックが良くても、有効画素が415万画素では見劣りしてしまう。WEBや新聞用の荒い画質で良ければ問題ないだろうが、苦労して撮った写真がグラビアの1ページを飾れないとしたら残念だろう。良い写真であればあるほど、大きく拡大して見たいものだ。

 一方EOS-1Dsは35mmフルサイズのCMOSセンサーを搭載して1,110万画素。画質として文句はないだろうが、秒間3コマ、連続撮影10コマでは用途が限られる。

 アテネに合わせてキヤノンがリリースしたモデルがこのEOS-1D Mark II。EOS-1Dに対してほとんどの面でスペックが上がっている。画質は820万画素とほぼ2倍、レスポンスは秒間8.5コマで連続撮影はJPEGで40コマ、RAWでも20コマ。電源ONによる起動と撮影画像の液晶表示も早くなり、ストレスはほとんどない。スペックが下がったのはシャッタースピードがMAX1/16,000秒から1/8,000秒に、ストロボ同調速度が1/500秒から1/250秒に下がったこと。必要な人には必要だろうが、他のスペックのことを考えれば、ほとんどの人がMark IIを選ぶであろう。

 私の場合、購入の決め手は高感度での画質の良さ。EOS-1DsでもISO800以上ではカラーノイズがでて色調も崩れてくる。1D Mark IIでは画質は荒れるものの、ISO1600でも自然な画像が得られる。

 もう一つはやはり秒間8.5コマのシャッター。EOS-1Dsは秒間3コマだから。でも正直なところ、撮影コマ数は「H」で8.5コマ、「L」で3コマ撮れるのだが、「H」では1枚だけ撮りたいと思っていても大抵3コマぐらい撮れてしまう。これがいやで、私は特別な意図がない限り「L」で撮影している。このカメラを買っておいてちょっと無意味な気がするが、実用的な設定だと思っている。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ