『カメラマン』2015年09月号




『カメラマン』2015年09月号



表紙&「倉繁利の女優びより」のモデルは小芝風花さん。

映画『魔女の宅急便(実写版)』で主演を演じた方ですな。撮影日記では9月公開の映画『ガールズ・ステップ』のことについて語ってマス。



「全7台+α ハイスペックミドル揃い踏み!」

各メーカーのハイスペックミドル機種を実写比較。モデル名はソニーα7 IIキヤノン EOS 7D Mark IIニコン D7200ペンタックス K-3 II富士フイルム X-T10オリンパス OM-D E-M5 Mark IIパナソニック LUMIX G7、そして番外&参考としてパナソニック LUMIX GX8(試作機)
テスト内容は解像感、高感度、連写追従、連写性能、逆光AE、順光AE & AWB、操作性。

あまり興味ない記事だと思ったのだが、よくよく読むと結構興味深かった。というのも、ワタシが使用している7D2の評価があまり高くない(他機種が相対的に評価がいい)から。高感度画質はAPS-Cの中では最低だし、連写性能(バッファ容量&処理速度)では最高だったものの、連写追従でもオリE-M5 II やパナG7に負けている。
ワタシ自身、それなりに7D2に満足しているので、これらの評価はガッカリだった一方、マイクロフォーサーズにもう一度目を向けてもいいのではと感じた次第。



「着エロの戦慄2015秋」

“着エロ”・・・嫌いじゃないですが(笑)、今回の作例ではあまり面白いのがなかった(失礼!)。強いて言えば、P69とP71が好みかな。



「天下一カメラ BEST面白ネタ」

本誌2月号と8月号の比較テストのデータを読み解いた面白ネタを公開・・・というのだが、どこが面白いのか全く分からなかった。
とはいえ、総括で「兎にも角にもミラーレス機がラク!」、ミラーレス機はピントがよく顔認識AFや瞳認識AFの実用性は高いとしていて、OVF(光学ビューファインダー)の先行きを心配するほど。

代理面で測距するOVFと撮像面で測距するミラーレスでどちらが高精度かは言うまでもない。OVF機ではAFアジャストメントの機能があるが、ミラーレスではそのような機能がそもそも不要である。
一方でOVFでの撮影はミラーのパタつきがあるとはいえミラーレスよりも動体撮影時事に見やすいという優位性がある。が、これもいずれミラーレス機が克服するものと想像する。
このような流れに一眼レフの雄であるキヤノンとニコンがどのように対応するかに興味津々。フラッグシップ機が秒12コマとか14コマとか謳っていても、パナソニックの4Kフォトなら約800万画素で秒30コマが可能。
むかし距離計連動カメラが一眼レフカメラに駆逐されたように、一眼レフがミラーレス機に駆逐される日が来るのかもしれない。



『カメラマン』9月号はこんなところで。






スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ