オールドアンティーク二眼レフ「ミノルタフレックス II」



このカメラは私が中学生になった頃、親戚からもらったもの。もらったときにフィルム2本ぐらい撮影したと思う。もうその時点で光線引きをしていて、巻き上げも不正確だった。ピントもフレアがかかっていたりカラーバランスも悪かったので、それっきりフィルムは入れていない。

「ミノルタフレックス」は「I 」型、「II 」型、「II B」型、「III」型があるようだが、私のカメラは「I 」型および「III」型とは明らかにちがう。
コニカミノルタのサイトを見たところ、このカメラは1952年(昭和27年)に発売された「ミノルタフレックス」の 「II B」型によく似ているが、レンズの上の「Minoltaflex」という銘板がサイトの写真と違う。同サイトでは「II 」型の写真がないので詳細を知ることができない。同サイトでは「II B」型の特徴として、「ファインダーフードの瞬時開閉、透視ファインダー及び大型ルーペの超動釦装置・フォーカスアイ付6×6判二眼レフカメラ」としているが、サイトをあちこち調べていて、1950年に発売された「II 」型であると判明。
「II B」型との大きな違いは裏蓋の開閉が二重ロックであるかないかのようだ。私のカメラは二重ロックではないので、やはり「II 」型であると思われる。



「II 」型の発売当時の価格は不明だが、「II B」型の場合は38,000円だったようで、一体どれほど高価なものだったのであろうか。
1955年(昭和36年)の大卒初任給が12,907円だったらしいので、現在の価値でいえば60万円以上のものであったのだろう。
残念ながらこのカメラは骨董価値もなく、ジャンクカメラに変わり果てているが、細部の造りは現在のプラスチック製カメラとは一線を画すものが感じられる。たとえば、裏蓋やピントフードは鉄板を曲げ加工しているようだが、本体や銘板、フォーカスノブなどは削り出し加工をしている。

 

また、「ファインダーフードの瞬時開閉、透視ファインダー及び大型ルーペの超動釦装置」といった機能は、いま見ると子供だましのようだが、当時は画期的だったのかもしれない。ちなみに「透視ファインダー」といっても、ピントフードの一部に正方形の窓を開けて、そこを覗いてフレーミングをするというものであるが、左右逆像の二眼レフにおいては結構使われていた機能なのかもしれない。「大型ルーペの超動釦装置」とは、ピントを合わせるのにピントフードの脇にある銀色のボタンを押すとバネ式でルーペが飛び出るというもの。これもなかなか実用的な感じだ。

 

このカメラの仕様は
●使用フィルム:J120ブローニー版(6x6cm) 12枚撮り
●フィルム給送:ノブ式 自動巻止
●撮影レンズ:ロッコール75mmF3.5
●ビューレンズ:ミノルタ アナスチグマット75mmF3.2
●シャッター:S-コーナンラピッド 1/500秒ー1秒・B
●絞り:10枚羽虹彩絞り f3.5ーf22
●撮影距離:0.8mー∞ フォーカスノブに被写界深度目盛つき

私がもう1台持っている二眼レフの「ローライコード IV」はフィルムを入れれば今でも現役で動く(はずだ)が、こちらのカメラは完全に置物となっている。


参考(関連ブログ)

カメラ修理日記:全く同じカメラの分解修理作業が紹介されている。

*寫眞機商コウジヤ*:ミノルタフレックス:このカメラの操作方法が解説されている。「ミノルタフレックス II」と表記されているが裏蓋の開閉パーツから「II B」型と思われる。




スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ