2015.12.02 第69回 全日本総合バドミントン選手権大会 第2日目(1回戦)撮影後記






全日本総合バドミントン選手権大会の2日目(1回戦)。72試合で9時スタート。

全員撮影を目標に、今回は全てアリーナで撮影。
メイン機材は 7D2+24-70mmで一脚使用。7D2がAPS-Cなので、WEB用ならトリミング前提も考えると基本この組み合わせで対処できる。
とはいえ、高解像度対応画像も依頼されているので、一部の撮影は 5Ds+70-200mmを使用。

アリーナでの撮影は2階席からの撮影に比べると、機材も軽量で済むし、対戦する両選手を撮影するのに移動する手間がかからないので、ずいぶんラク。

1回戦は1試合40分(予選は30分)で組まれていて、ほぼタイムテーブル通りに試合が進行した。最後の1試合がファイナルゲームになってしまったので終わったのがたぶん18時半頃だと思うが、第2ゲームが終わった時点で撮影を終了し、プレスルームに戻ってデータコピーなど後処理に移った。30分ほどでプレスルームを出てホテルに戻って画像セレクト作業することに。依頼主にはセレクトしたデータをネット経由で。便利な時代。とはいえ、全部の作業が終わったのが1時過ぎで前日とあまり変わらなかった(泣)。

ところで、1回戦の撮影枚数は6,194枚! 試合数は昨日より少なかったが枚数はほぼ同じ。
5Dsは見た目1DXと同じAFシステムのように思えるが、AFスピードは遅いように感じる(気のせい?)。止まっている被写体にはもちろんピントは合わせられるが、激しい動きには追いつかない。まぁ、1DXや7D2に比べると拡大率が高い分、歩留まりが悪くなるというのはあるだろうが。


注目の試合について。
大会ただ一人の中学生本戦出場者の男子シングルス奈良岡功大選手が一番注目されていたものの、ナショナルA代表の上田拓馬選手と当たったのは不運。善戦するもストレート敗退。
男子シングルス優勝候補の桃田賢斗選手、女子ダブルス優勝候補の髙橋礼華/松友美佐紀ペアの試合は対戦相手の棄権で不戦勝となり、試合はナシ。
混合ダブルスは24組によるトーナメントで、上位進出が見込まれる選手は2回戦からの出場となり、1回戦の試合はナシ。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ