『CAPA』2016年01月号




『CAPA』2016年01月号



特別付録 2016カレンダー『生命の大地』

今月はキヤノンのスポンサード。当然のことながら、全ての写真はキヤノンのカメラ&レンズ使用。しかも超広角から超望遠まで、フルサイズ用(EF)もあればAPS-C(EF-S)もあり。無理矢理使わされた感アリ。カメラマン的には大変でございますなぁ。まぁ、仕事がもらえるのだからいいか(笑)。



表紙&裏表紙のモデルは真野恵里菜さん。

どこかで見たような気はするけれど、存じ上げませぬ。公開中の映画『orange -オレンジ-』に出演中とのこと。



「2016年カメラ予想 SPECIAL 大断言!!」

どのカメラ雑誌も同じような企画になっておりますが(笑)。
キヤノン・ニコンのフラッグシップ機の予想については、だいたいが誰でも思いつく範囲内のこと多し。とはいえ、増田賢一氏がニコンD5でOVFとEVF、大型モニターの交換ファインダーを希望しているところが面白い。まぁ、思いつきレベルのハナシだが。
AFエリアの拡大はフルサイズ機にとって誰もが期待するところだろうけれど、物理的に厳しそうな気がする。コマ速についてもそろそろ限界のような気がする。秒12コマが15コマ、20コマ、30コマになるならまだしも、13コマになってもあまり撮影者にとって差は感じないのではないか? そういう意味では4Kフォトを採り入れるかどうかを予想してほしかったところだが、コメントはナシ。

他にはニコンD400、キヤノン EOS 80D、ペンタックス K-1、ソニーα7000、パナソニック LUMIX GH5、オリンパス OM-D E-M2、富士フイルム X-T2を予想。



「CAPAレンズ大賞 2015年 本選ノミネートレンズ発表」

2015年は一眼レフ用26本、ミラーレス用20本が発売になったとのことだが、馬場信幸、森脇章彦、伊達淳一、増田賢一、鹿野貴司の5氏が選考。ノミネートされたのは次の9本。
・タムロン SP 15-30mm F2.8 Di VC USD
・ニコン AF-S ニッコール 200-500mm F5.6E ED VR
・ソニー FE 90mm F2.8 Macro G OSS
・パナソニック LUMIX MACRO 30mm F2.8 ASPH. / MEGA O.I.S.
・タムロン SP 45mm F1.8 Di VC USD
・シグマ 20mm F1.4 DG HSM Art
・ニコン AF-S ニッコール 24-70mm F2.8E ED VR
・シグマ 24-35mm F2 DG HSM Art
・ソニー FE 28mm F2 + ウルトラワイドコンバーター

ソニーおかかえの馬場氏は特選にソニー FE 28mm F2 + ウルトラワイドコンバーターを、パナソニックおかかえの森脇氏は特選にパナソニック LUMIX MACRO 30mm F2.8 ASPH. / MEGA O.I.S.を推していて、もしこれら2本のどちらかが大賞を取ったら読者はどう思うのだろう。
大賞発表は本誌3月号。それまでに選者が実写テストして最終選考するとのこと。
選者5名がそれぞれコメントしているが、伊達氏は自分でノミネートしたレンズ全部を自身で所有しており、評価に信頼ができる。一方、馬場氏は自分で撮影したことのないレンズでもネット情報やカタログスペックだけでノミネートしている。馬場氏のような選考方法なら一般読者でもできることで、読者はプロが実写して納得した上でのノミネートを期待しているはずだ。選考委員になったのなら、『CAPA』のツテでも使ってメーカーからレンズを借用するなりして、実写してからノミネートするのがスジではないか。
このような取り組みでレンズ大賞の選考に臨むのであれば、『CAPA』誌は同氏を選考委員から外すべきだとワタシは思う。

ちなみにワタシの大賞予想はタムロン SP 15-30mm F2.8 Di VC USDシグマ 20mm F1.4 DG HSM Artタムロン SP 45mm F1.8 Di VC USD のいずれか。

・キヤノン EF 50mm F1.8 STM
・オリンパス M.ズイコーデジタル ED 7-14mm F2.8 PRO
・オリンパス M.ズイコーデジタル ED 8mm F1.8 Fisheye PRO
・タムロン SP 35mm F1.8 Di VC USD
・ツァイス Batis 2/25
はいずれかの選者がノミネートしたが、本選には選ばれなかった。キヤノンは EF 11-24mm F4L USM も発売しているが、本選には1本も選ばれずでちょっと残念。まぁ、11-24mmはお値段が一般向けとはとても言えないので仕方ないが。



「報道カメラマンの現場18 毎日新聞社 中部本社 報道センター 写真グループ 兵藤公治さん」

いつもながらキヤノンの記事広告的内容。使用機材は全てキヤノンのカメラ・レンズ。今回ピックアップされているのは EF 600mm F4L IS II USM。
今回は三菱リージョナルジェット(MRJ)テスト飛行取材を追っている。5枚の写真が掲載されているが、MRJと城の絡んだショットが面白い。



「オールドニッコール2本のビッグレンズを試す!」

1972年発売のレフレックスニッコール2000mm F11(17.5kg/当時約80万円)とフィッシュアイニッコールオート6mm F2.8(5.2kg/当時約60万円)を実写。
何で今頃?と思ったが、『Nikon 一眼レフのすべて 完全版』(12月28日発売予定)のプロモーション記事だった(笑)。作例は正直言ってイマイチ。



記事はほかにも色々あるけれど、『CAPA』2016年01月号はこんなところで。






スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ