「フィルムカメラ風の高品位ミラーレス「OLYMPUS PEN-F」」について





オリンパスが「OLYMPUS PEN-F」を2月26日に発売するとのこと。価格はオープン。税別での店頭予想価格は、ボディのみ15万円前後、12mm F2.0付属のレンズキットが21万円前後。ボディカラーはシルバーとブラック。

オリンパスのリリース:ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS PEN-F」発売

オリンパスのサイト:OLYMPUS PEN-F | PEN | オリンパス

デジカメWatchの記事:フィルムカメラ風の高品位ミラーレス「OLYMPUS PEN-F」


正直なところ、オリンパスのミラーレス一眼は「OM」「PEN」「PEN-F」と過去の遺産を使いまくっているのがちょっと美しくない。「PEN」のときはそれもアリかなと思ったが、「OM」「PEN-F」まで続くとは・・・。

それはともかく、カメラとしてはダイヤル満載で操作するのが楽しそうなカメラのように思える。クラシックな雰囲気もいいし、ファインダー部のちょっと上に飛び出た丸いデザインも好印象。
ただ、電源のON/OFFスイッチはダイヤルよりもレバーの方が自然な気がするし、ボディ前部の「クリエイティブダイヤル」は、CRT/ART/COLOR/MONOの表示部分が固定になっており、先端のダイヤルでどのモードかを指示するというのは操作方法としてオカシイと思う。本来ならボディ本体に指示マークをつけておいて、ダイヤルを回せばモードの文字自体が回る方が、カメラを上から見たとき自然。現在の方式では、カメラのレンズ部分を上に向けないとどのモードを指示しているかがわからないからだ(使い込めばいちいち見なくても慣れるとは思うが)。
一方で、フロントダイヤルとリアダイヤルで各種の設定が出来るのはよさそう。

カメラとしてのデザインはワタシ的には好みだが、デザインにこだわるなら外付けストロボのデザインにも凝ってほしかった。本体と同時に発表された本革ラッピングクロスや本革カメラバッグなどはカメラデザインにマッチしたものだと思うが、同梱の外付けストロボ「FL-LM3」はOM-D E-M5 Mark IIにも同梱されているもので、上90度、左右180度へのバウンス発光も行える機能は良いと思うけれど、デザインがマッチしない。往年のフィルムカメラ「O-Product」(1988年)の場合は外付けストロボがカッチョよかったが、今回も「PEN-F」専用デザインのストロボを作ってほしかったところだ。







「OLYMPUS PEN-F」の本体価格が15万円前後というのはかなりお高い印象だが、広くシェアを取るためのカメラではないと思うので、このテが好きな人が選ぶカメラであるとすれば、利益を稼ぐカメラとなりそうだ。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ