シグマ APO TELE CONVERTER 1.4X EX DG 修理顛末



2月のバドミントン日本リーグ東京大会の出張撮影で、レンズキャップを外したらいきなりマウント座金が落ちるというトラブルにみまわれたシグマ APO TELE CONVERTER 1.4X EX DG

いっそ新型に買い替えようかとも思ったのだけれど、新型は 旧120-300mm F2.8 EX DG OS HSM に対応しているかどうか、正式なアナウンスがないので、修理することに。

戻ってきた修理納品書に書かれていた修理内容は・・・
不具合箇所現象:カメラ側マウント部ビス外れ
処置内容:ビス補充、マウント部修正いたしました。


修理費は送料含めて4,320円。まぁ、マウント座金が落ちたときに紛失したビス類を追加して締め直すだけなのでそんなものだろう。
ちなみに同製品の新品価格(マップカメラ)は 21,394円(税込)、中古だと12,000円〜15,000円ぐらい。新製品の TELE CONVERTER TC-1401 は 32,560円(税込)(マップカメラ)。修理にしてヨカッタ(笑)。

ちなみに発送から修理・到着までの流れは次の通り。
3月08日 修理依頼品発送
3月09日 シグマ カスタマーサポート担当者より修理依頼品受領の連絡
3月15日 シグマ カスタマーサポート担当者より修理終了品発送の連絡
3月17日 修理終了品到着

修理依頼品発送から修理終了品到着まで9日なのでまぁまぁのスピードだし、修理依頼品到着と修理終了品発送の連絡もメールで教えてくれて、対応には満足。
ただ、発送先はシグマ本社のカスタマーサポート宛(神奈川県川崎市)、実際に修理するのは工場のある福島県会津。修理終了後は会津から直接発送されたけれど、修理依頼者からの発送も直接会津宛にすれば、1〜2日は短縮できるはず(福島県の人も川崎に修理依頼品を送ってるのかなー? だとしたらバカバカしい)。そのあたり、何とかならないものか。



スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ