EOS 5Ds + タムロン 45mm F1.8 で庭ネコを撮影(駄作128)


せっかくレンズを購入したので、まずは庭ネコでテスト撮影。テスト撮影なので、カメラは7D2ではなく5Dsを使用。まぁ、テスト撮影というほどのものではなく、ただネコを撮るだけなのだけれど(笑)。




ISO 100、f3.5 AE(1/100秒)、+0.33EV

庭ネコ10匹。




ISO 100、f1.8 AE(1/200秒)、+0.33EV


ISO 100、f1.8 AE(1/400秒)、+0.33EV

怒ったような顔をしているけれど、ワタシに一番なついているチビネコ(♀)。
f1.8では周辺光量落ちが少し目立つ。






ISO 100、f1.8 AE(1/640秒)、+0.33EV

上のネコと兄弟のオス。おっとりした性格で体格はかなり大きくなり、差が出てきた。
等倍に切り出した拡大写真を見ると、眉毛や頬の毛のボケにグリーンやパープルのフリンジが見られる。現像ソフトで簡単に修整できるのだけれど、ちょっとガッカリ。シグマ 50mm F1.4 DG HSM ではフリンジが出ないので、このタムロンにもそれを期待したのだけれど。




ISO 400、f1.8 AE(1/800秒)


ISO 400、f2.8 AE(1/400秒)


ISO 400、f4 AE(1/200秒)


ISO 400、f5.6 AE(1/100秒)


ISO 400、f8 AE(1/50秒)


ISO 400、f11 AE(1/25秒)

庭の椿を撮ってみた。絞りによる描写の差を見ようかと。
f1.8では周辺光量落ちがハッキリわかるが、f2.8以降は気にならない。
本ブログの拡大率ではわからないが、正直なところ、接写で f1.8の開放は被写界深度が浅過ぎる。シャープネスもやや甘く感じる。f4ぐらいまで絞るのがいいように感じた。
逆に描写の甘さを活かしてあえて開放近くで撮るという手もアリか。
また、絞り過ぎるとシャッタースピードが遅くなるので、手ブレ補正機構が働いても被写体ブレで不鮮明になる。屋外の撮影ではシャッタースピードはそれなりに考慮しなければならない。


こんなところが、今回のインプレ。



スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ