初めてのキヤノンのコンデジ! PowerShot G7X Mark II






キヤノン PowerShot G7X Mark II を発売日にゲット! しかし、キヤノンのコンパクトデジタルカメラを購入するのはこれが初めて。

小学生のときからキヤノンの一眼レフユーザーだったワタシだが、キヤノンのコンデジはこれまで1度も購入したことがなかった。
カシオQV-10に始まり、リコーDC-4、富士フイルム FinePix F10、パナソニック LUMIX DMC-TZ7、・・・などなど、たくさんのコンデジを使用してきたけれど、どういうわけか、キヤノンのコンデジを選ぶことはなかった。
考えてみると、それぞれの機種には何らかのスペックで突き出たものがあって選んだが、キヤノンのコンデジにはワタシの琴線に触れる突出したスペックがなかったということだろう(笑)。

現在使用しているコンデジはパナソニック LUMIX DMC-TZ40で、35mm判換算24-480mm相当の高倍率ズーム搭載モデル。最近はちょっとした記録には iPhone を使用することが多くなったが、飲食店での料理の撮影や仕事のサブでメモ的撮影に使ったりしている。操作系も直感的で分かりやすく、気に入っている。
不満に思うのは、最近ズームで誤作動をたびたび起こすことと、暗い居酒屋での料理撮影で画質が悪いこと。

そんなワケで、新しい機種を探していたのだが、ワタシの琴線に触れたのが キヤノン PowerShot G7X Mark II

購入に至ったポイントは次のようなところ。
・1型というコンデジとしては大きめの撮像素子。
・35mm判換算24-100mm 相当で開放F値はF1.8-2.8。
・自撮りもできるチルト液晶。
・高品質なデザインと作り込み。

TZ40に比べて望遠側が弱いけれど、420mm相当で撮影すると手ぶれ補正機構内蔵でも結構手ブレするし、GX7mk2は “プログレッシブ・ファインズーム” で200mm相当まで画質をあまり落とさず撮影できるので、まぁ十分だろうと。むしろレンズが明るい分、手ブレが少なくなるだろうし、望遠側の不足はトリミングすればいい。
ただ、パノラマ撮影機能がないのは非常に残念。iPhoneでもパノラマ撮影はできるけれど、よく見ると画像のつなぎ目がガタガタで、TZ40のパノラマ画像のほうがはるかにキレイ。

本当は PowerShot G7X(初代モデル)のときから気になっていたのだけれど、2月のCP+2016で新型を見るまで待とうと思ったら、新型が出た(笑)。結構スペックは似通っているので、安くなった初代モデルを購入するという考えもないではなかったが、初代はやや丸っこいデザインがワタシ好みではなかったことが大きい。新型ではグリップがついてチルト液晶も下側にも動くようになったし、画像処理エンジンもDIGIC 7にアップグレード。
そんなワケで、予約注文、発売日に手元に届いた。

細かいレポートはまた今後。


   


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ