キヤノン PowerShot G7X Mark II ファーストインプレ

とりあえず、キヤノン PowerShot G7X Mark II のファーストインプレを。


曲線と直線を組み合わせたデザインはスッキリしていてカッチョイイ。

ボディ外装は高級感ある金属製(と思われる。カタログやサイトを見ても記載されていない)。トップカバーのストロボ部分はプラスチックのようで、質感が異なるのが残念だが、このパーツは見えない部分で複雑な形状をしているので、金属で作るのは難しかったのだろうと推測する。



 

一方、右手でカメラを掴む部分には指掛かりのいいラバーが貼られている。一眼レフのグリップと比較するとオマケのようなサイズだが、カメラを滑り落とさない必要最低限の機能を有しており、ブラックボディの金属と馴染んで一体感がある。


鏡筒のコントローラー・リングはダイヤカットデザインの金属製でこれまた高級感を感じる。回すとラチェット音がするが、スイッチの切り替えで音無しのスムーズな動きになる。ただスムーズな動きのほうは、実際にはほんの微妙に滑らかさに欠ける部分があり、ちょっと残念。ただ、音がするとまずいようなシチュエーションでは活躍する機能だ。


よく見てビックリしたのはボタンやダイヤル類全てに「スピンカット」と呼ばれる細かい同心円の加工が施されていること。加工なしのツルツルでも機能的には全く変わりはなかろうが、この作り込みには驚いた。カメラの値段が高くなるワケだ(笑)。


シャッターボタンモードダイヤルの根っこ部分には赤い塗装がなされており、これがこのカメラのデザイン状のポイント。
シャッターボタンは当然上下に動くが、微妙に左右にグラつくのが残念。
露出補正ダイヤルとモードダイヤルは一軸になっており、露出補正ダイヤルは親指の腹で回す仕様。動かすとプラっぽい音がするが、クリック感もあり、スムーズ。
上のモードダイヤルは動きが重く、人差し指と親指でつままないと動かない。ただし、モードダイヤルは不用意に動かないことが重要なので、ちょうど良い重さだと思う。また、動かしたときのクリック感は露出補正ダイヤルのそれよりも高級感がある。


チルト液晶は上180度、下45度に傾く。上下方向だけだと縦位置撮影に対応できないので、左右方向にも動くのが理想ではあるけれど、上下が動くだけでもあり難い。やや動きに固さは感じるが、動かしづらいわけではなく、しっかりとした作りになっていて、不安感は全くない。



 

手に持ってみるとズッシリと重量感を感じる。本体のみで約294g、バッテリーとメモリーカードを装填して約319g。ちなみにこれまで使ってきたパナソニック TZ40が同じく約172g、約198gなので、100g超重い。1.5倍と言うこともできる。
ついでにサイズはG7Xmk2が105.5 x 60.9 x 42.2mm、TZ40が108.3 x 58.9 x 27.7mm。縦横はほぼ同じようなサイズながら、奥行きは14.5mm厚くなっている。デイパックやショルダーバッグ等に入れて運ぶ場合はさほど気にならないが、身一つで動きたいとき、ジャンパーのポケットに入れるとちょっとかさばる。


同梱物はバッテリーパックNB-13L、バッテリーチャージャーCB-2LH、ハンドストラップ、取扱説明書、保証書、その他パンフレット(写真ナシ)。
このカメラはコンパクトパワーアダプター CA-DC30(別売:5,000円+税)インターフェースケーブル IFC-600PCU(別売:2,000円+税)を使用すれば、カメラにケーブルを直結して電池を充電することもできるけれど、ワタシはカメラから電池を抜いてバッテリーチャージャーで充電する方式のほうが良いと考えている。カメラにケーブルを直結して電池を充電する場合、予備電池を持っていても充電している間はカメラを使うことができないからだ。
そういう意味では、ワタシの考えに合致するアクセサリーが同梱されていてヨカッタ。




まだまだ使い込むところまではいかないが、とりあえずファーストインプレはこんなところで。



   


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ